Calendar

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

1
2
3
4
A Ladybird Theater Company 第14回公演『君、死にたまふことなかれ~幕末刃風伝・雪の章~』
A Ladybird Theater Company 第14回公演『君、死にたまふことなかれ~幕末刃風伝・雪の章~』
8月 4 – 8月 6 全日
A Ladybird Theater Company 第14回公演『君、死にたまふことなかれ~幕末刃風伝・雪の章~』
A Ladybird Theater Company第14回公演 『君、死にたまふことなかれ~幕末刃風伝・雪の章~』 作・演出 箱崎貴司 時は幕末。 組織として軌道に乗り始めた新選組に起きたある事件。 きっかけは一通の手紙から始まり、遂には西郷隆盛、坂本龍馬を巻き込んだ大事件に発展する。 これはLadybirdと強力な客演陣でお送りする 歴史無視、事実無根の優しく、切ない淡雪のような幕末の物語。 日程 2017年 8月4日(金)18:00- 8月5日(土)13:00-、18:00- 8月6日(日)13:00- ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約140分を予定 会場 宮城野区文化センター パトナシアター 料金 前売一般 2,500円、当日一般 3,000円 前売学生 1,500円、当日学生 2,000円 中高生 1,000円 小学生以下 無料 出演 菊田由美(劇団無国籍) 小畑次郎(他力舎) 村越勇一 箱崎貴司 野々下孝(仙台シアターラボ) 紗也香(客演) 芹沢秀樹(客演) 千葉清美 伊藤直行 木曽寛子 増田淳 RUZE(客演) 鈴木晃司(劇団ひまわり) 鈴木まみ(ワークショップ生) 佐藤未来 菊地陽哉(ワークショップ生) なかじょうのぶ(劇団三ヵ年計画) 橋浦あやの(他力舎) スタッフ 作・演出 箱崎貴司 舞台監督 菅原玄哉(有)おむらいすファクトリー 舞台美術 あやしげ商会 音響 山口裕次(有)舞台監督工房 照明 高橋亜希、神崎祐輝 楽曲提供 アサノタケフミ 制作 安藤由希奈 チケット取り扱い 取り置き予約 https://ssl.form-mailer.jp/fms/db2c7a0c504433 ちけっとぴあ http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1720960 Webサイト http://ladybird.main.jp/welcome.html この記事のURL http://sencale.com/?p=9436
5
6
7
8
9
『―八月六日広島にて、矢須子― 黒い雨』
『―八月六日広島にて、矢須子― 黒い雨』
8月 9 全日
『―八月六日広島にて、矢須子― 黒い雨』
『―八月六日広島にて、矢須子― 黒い雨』 原作 井伏鱒二「黒い雨」(新潮社刊)より、 出演 奈良岡朋子 昭和二十年八月六日、広島。 逆境の中で淡々と生きていく人間たち。 深い愛と信頼に結ばれた家族の物語。 あらすじ 「黒い雨」はささやかな日常生活を送っている、 閑間重松・シゲ子夫妻と姪・矢須子の家族の物語です。 矢須子を何とか嫁がせようとする夫婦ですが、 次第に悲しい事実が明らかになります。 未曽有の惨事に巻き込まれながらも、 平常心を失わずに暮らしを営む人びと。 淡々と進む物語の背景には、 市井の人びとをおそった原爆の悲劇が厳然とあります。 戦後72年のいま。「黒い雨」をもたらした戦争とは何なのか――― 名女優・奈良岡朋子が語る一人舞台を通して 一緒に考える機会となれば幸いです。 日程 2017年8月9日(水) 14:00- ※開場は開演の30分前 会場 仙台銀行ホールイズミティ21 小ホール 料金 全席指定 3,500円 ※当日500円増し ※未就学児入場不可 出演 奈良岡朋子 スタッフ 上演台本 笹部博司 演出 丹野郁弓 照明 古宮俊昭 効果 岩田直行 製作 劇団民藝 企画 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 主催 (公財)仙台市市民文化事業団 仙台リビング新聞社 チケット取り扱い 藤崎 仙台三越 仙台銀行ホールイズミティ21 日立システムズホール仙台 チケットぴあ(Pコード:458-838) イープラス Webサイト 仙台市市民文化事業団ホームページ http://www.bunka.city.sendai.jp/ 記事のURL http://sencale.com/?p=9550
10
1110プロヂュース『コーヒーが冷めないうちに』仙台公演
1110プロヂュース『コーヒーが冷めないうちに』仙台公演
8月 10 – 8月 13 全日
1110プロヂュース『コーヒーが冷めないうちに』仙台公演
1110プロヂュース 『コーヒーが冷めないうちに』仙台公演 作・演出 川口俊和 累計発行部数50万部突破、本屋大賞2017ノミネートで話題になった小説が舞台で観れます!! 「お願いします、 あの日に戻らせてください」 不思議な都市伝説のある 喫茶店フニクリフニクラを訪れた 4人の女性が紡ぐ、 家族と、愛と、後悔の物語。 日程 2017年8月 10日(木) 19:00-(著者・川口俊和の前説&アフタートークあり) 11日(金) 14:00-、 19:00- 12日(土) 14:00-、 19:00- 13日(日) 14:00- ※受付開始は開演の45分前(整理券発行) ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約1時間35分を予定 会場 せんだい演劇工房10-box box-1 料金 一般 3,000円 学生 2,500円(要予約・当日要証明書) 出演 上村愛
 田中克宏 
山口紗貴 
高井真実 
堀さやか 
リベロ 
林剛央 
森かなみ 
永吉翼 
目方聖子 
星野花菜里 
丹聡 スタッフ 舞台監督 瀬野原タカモ 照明 黒太剛亮(黒猿) 音響 三木大樹 制作 塩田友克 チケット取り扱い&お問い合わせ先 コリッチ舞台芸術
 http://stage.corich.jp/stage/83911 メール kawapuro1110[アットマーク]gmail[ドット]com 電話 080-9652-0039(対応期間2017年8月1日〜13日のみ) Webサイト 川口俊和公式Twitter https://twitter.com/jlaidk
 川口俊和公式ブログ http://ameblo.jp/kawapuro1110/ 記事のURL http://sencale.com/?p=9605
11
12
Team HacCLose vol.2『Avec toi~アヴェク トワ~』
Team HacCLose vol.2『Avec toi~アヴェク トワ~』
8月 12 – 8月 13 全日
Team HacCLose vol.2『Avec toi~アヴェク トワ~』
Team HacCLose vol.2 『Avec toi~アヴェク トワ~』 作・演出 武田 らこ あらすじ 「時は15世紀のフランスよ。これはね…1人の名も無い少女の改悛の秘跡」 神と出逢い、天命によりフランス王国の為に戦った若き乙女“ジャンヌダルク”と、 彼女を取り巻く愛に堕ちた者達が、力強く駆け抜けた激動の時代。 その末に、失われた強き者達と、遺された弱き者達の物語。 愛は、運命(さだめ)を超えてゆけるのだろうか。 Team HacCLoseがキャスト・スタッフ総勢30名あまりで満を持してお送りする 西洋歴史エンターテイメント活劇。 日程 2017年8月 12日(土) 13:00-、 19:00- 13日(日) 13:00- ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約115分を予定 会場 仙台市宮城野区文化センター パトナシアター 料金 予約 1,000円 当日 1,500円 出演 ジャンヌ・ダルク 阿部佑美 ピエール・ダルク 相田直宏 シャルル7世 棚口昴 ジャン・ドーロン 藤島恵 フィリップ3世 阿部佳希(東北学院大学演劇部) アンヌ 喜久知あすみ ボードリクール 三島イチロー ペリネ・グレサール 冴木史 大天使ミシェル 武田らこ 聖マルグリット なおみち 聖カトリーヌ 安齋琴恵(東北学院大学演劇部) クリスティーヌ・ド・ピザン 渡辺瑞生(東北学院大学演劇部) 綾辻まお えなりみほ 橘侑雨 まぐにゃー 夏目杏樹 雛 津田りょう 鈴城藍 となつ 紅絹 kimi スタッフ 舞台監督 棚口昴 音楽 相田直宏 音響プランナー てつお 効果音 空桜音 照明プランナー 藤島恵 衣装・メイク わしこ 動画 花咲音 WEB制作 ゆてぃお 制作 喜久知あすみ 助成 (公財)宮城県文化振興財団 チケット取り扱い Web予約 http://hacclose.main.jp/works/avec-toi/ メール info[アットマーク]hacclose.main.jp Webサイト HP http://hacclose.main.jp/ Twitter https://twitter.com/hacclose 記事のURL http://sencale.com/?p=9591
13
14
15
16
東北大学学友会演劇部 2017年度新人公演『今度は愛妻家』
東北大学学友会演劇部 2017年度新人公演『今度は愛妻家』
8月 16 – 8月 17 全日
東北大学学友会演劇部 2017年度新人公演『今度は愛妻家』
東北大学学友会演劇部 2017年度新人公演 『今度は愛妻家』 原作・脚本 中谷まゆみ、演出 佐々木彩香 かつては売れっ子カメラマンだったが、今や仕事をせずプータロー同然の生活を送る北見俊介は、健康マニアの妻さくらに日々ニンジン茶を注がれ、子づくり旅行をせがまれていた。やがて、クリスマス直前のある日、2人は沖縄旅行に行くことにするが、その日を境に俊介とさくらに微妙な変化が訪れる。 弟子の誠やモデルの蘭子、何かと世話を焼いてくる文太も加わり、不思議で、そして切ない物語が紡がれていく。 日程 2017年8月 16日(水) 14:00-、 19:00- 17日(木) 14:00-、 19:00- 19日(土) 14:00-、 19:00- 20日(日) 14:00-、 ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約100分を予定 会場 東北大学川内北キャンパス・川内課外活動共用施設(川内ホール)104号室 料金 無料 出演 寺島舟 仲谷絹 奈良亮祐 小町和花 磯崎良 髙橋淳也 齋藤芽衣 石富雅士 スタッフ 演出 佐々木彩佳 舞台監督 森澤克暁、星裕菜 制作 内野真子、星裕菜、吉田広人、堀米尚登、青柳侑花、石富雅士、小町和花 宣伝美術 安田和弘、中島紫苑、藤原陽南子 音響 安田和弘、堀米尚登、猪島早智、奈良亮祐、Mirzet-Kameric 照明 寺島舟、打越潤平、仲谷絹、湊和也、清野友紀 装置 竹内新、廣瀨雄一、打越潤平、吉田広人、髙橋淳也、藤原陽南子、細谷勇介 小道具 櫻庭結菜、磯崎良、岡田隼人、中島紫苑 衣装 佐々木彩佳、猪島早智、岡田隼人、齋藤芽衣 Webサイト https://aisaika-tonpei.amebaownd.com/ この記事のURL http://sencale.com/?p=9618
17
18
19
オリジナルミュージカル『仙台ねこ』
オリジナルミュージカル『仙台ねこ』
8月 19 – 8月 20 全日
オリジナルミュージカル『仙台ねこ』
オリジナルミュージカル『仙台ねこ』 作 ・演出・振付 梶賀千鶴子、 作曲 日高哲英 伝説の「仙台ねこ」の謎を解くひとりの少女と猫たちの時空を超えた大冒険! オリジナルミュージカル「仙台ねこ」は、仙台市市民文化事業団の設立30周年を記念し、市民とともに取り組んだ本格ミュージカルです。わたしたちの住む「仙台」と「ねこ」という親しみのある存在をテーマに、地域の魅力の再発見やそこで生きる人々の喜びや尊さを表現します。作・演出・振付は梶賀千鶴子氏、音楽は日高哲英氏、照明は塚本悟氏と一流のスタッフを揃え、厳しいオーディションを突破し約1年のレッスンに励んでいる100余名の市民と、仙台ならではの新たな舞台をお送りします。 《あらすじ》 猫が大好きな珠子(たまこ)はある日、どうしても本当の猫の気持ちが知りたくなって「猫になりたい!」と叫んでしまいます。するといつの間にか不思議な空間に飛んで4人の猫に囲まれていました。彼らは、本当の猫の気持ちが分かるためには修行が必要だと言います。修行を受ける決意をした珠子は、時空を超えてたくさんの猫に会います。猫たちが珠子に伝えたいこととは?修行を受けた珠子は何を思うのか?猫にとっても人にとっても大切なことを見つけ出す、アドベンチャーストーリーです。 日程 2017年8月 19日(土) 15:00- 20日(日) 11:00-、 15:00- ※開場は開演の45分前 ※上演時間は休憩を含め約2時間を予定 会場 日立システムズホール仙台 シアターホール 料金 前売一般 3,000円、 前売学生 1,500円 ※当日券500円増し ※4歳児以下の入場は不可 ※全席自由 出演 仙台ねこーず 客演 茅根利安、 藤田和正、 佐藤一成 演奏 仙台ねこオーケストラ スタッフ 作 ・演出・振付 梶賀千鶴子 作曲 日高哲英 照明 塚本悟 舞台美術監修 関谷潔司(兵庫県芸術文化センター) 舞台美術協力 つむら工芸 舞台進行・大道具 Factory-K 音響 緒方晴英 演出助手 渡部三妙子 指導 SCSミュージカル研究所 制作協力 SCSミュージカル研究所、 boxes Inc. プロデュース 廣瀬純 主催 日立システムズホール仙台(仙台市市民文化事業団)、 仙台市、 河北新報社 チケット取り扱い 日立システムズホール仙台、仙台銀行ホールイズミティ21、藤崎、仙台三越 チケットぴあ(Pコード:458-202) ローソンチケット(Lコード:21735) イープラス 河北チケットセンター ※中学生以下のチケットは日立システムズホール仙台、仙台銀行ホールイズミティ21のみでの取り扱いとなります。 Webサイト https://www.facebook.com/musicalsendaineko/ 記事のURL http://sencale.com/?p=9630
劇団ひとりっこ『花いちもんめ』
劇団ひとりっこ『花いちもんめ』
8月 19 – 8月 20 全日
劇団ひとりっこ『花いちもんめ』
劇団ひとりっこ 『花いちもんめ』 作 宮本研、 演出 大石和彦 日本には 確かにこんなつらい時代がありました。 世情が混沌としている今、平和への祈りを込めて、70年前を語る! 戦争に巻き込まれた母親の哀しいメッセージです。 日程 2017年8月 19日(土) 15:00-、 18:00- 20日(日) 13:00-、 ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約65分を予定 会場 仙台市市民活動サポートセンター・市民活動シアター 料金 前売一般 1,000円、 高校生以下500円、 当日一般 1,500円、 当日高校生以下 750円 出演 武内典子 スタッフ 舞台監督 澤野正樹(短距離男道ミサイル)、佐藤仁美 演出協力 八尾坂彰 (シニア劇団まんざら) 照明 神崎祐輝(短距離男道ミサイル) 照明協力 沼田益偉(シニア劇団まんざら) 音響 越後裕司(株式会社るねっく) 三味線 山本麻佐子(浄瑠璃含む) 制作 庄子勝義(シニア劇団まんざら) チケット取り扱い せんだい演劇工房10-BOX(窓口販売のみ・電話予約不可) Web予約 tiget.net/events/ Webサイト http://hitorikkogeki.jimdo.com 記事のURL http://sencale.com/?p=9616
20
21
22
23
SENDAI座☆プロジェクト 結成10周年記念公演『白墨の輪 ~音楽劇~』仙台公演
SENDAI座☆プロジェクト 結成10周年記念公演『白墨の輪 ~音楽劇~』仙台公演
8月 23 – 8月 27 全日
SENDAI座☆プロジェクト 結成10周年記念公演『白墨の輪 ~音楽劇~』仙台公演
SENDAI座☆プロジェクト 結成10周年記念公演 『白墨の輪 ~音楽劇~』仙台公演 原作 ベルトルト・ブレヒト 、 台本・演出 宮島春彦 権力には悪をもって抗するしかないのか! 日程 2017年8月 23日(水) 18:30- A 24日(木) 13:30- B、 18:30- A 25日(金) 13:30- A、 18:30- B 26日(土) 13:30- B、 18:30- A 27日(日) 13:30- B ※開場は開演の30分前 ※上演時間は休憩を挟み、約2時間30分を予定 会場 エルパーク仙台 ギャラリーホール ※別日程で、東京、いわき公演あり 料金 一般 4500円 シニア(60才~) 3500円 U24 2000円 高校生以下 1000円 (前売り・当日共通) 出演 樋渡宏嗣 渡部ギュウ 戸石みつる 松崎太郎 佐藤公 木村耕祐 わたなべひでお 飯沼由和 澤野正樹 加藤隆 NAO 佐々木久美子 伊藤広重(A) 永澤真美 佐藤舞子(B) 神孫子恵子 のん 千葉里子 熊谷有夏 櫻井楓 加藤雄大 前田成貴 斉藤美友季 蒼井彩乃 木立圭 鈴木大典 鈴木洸輝 石垣弘子(ピアノ) 佐藤実治(バイオリン) 千葉展子(ピッコロ) ※伊藤広重はA日程、佐藤舞子はB日程に出演 スタッフ 作曲 梶俊男 舞台美術 大沢佐智子 舞台監督 渡邊英夫 衣装デザイン 三浦敬子 衣装製作 及川恵 照明プラン 松崎太郎 照明オペレーター 柴成美 音響 本儀拓(キーウィサウンドワークス) 宣伝デザイン 菅原孝行 宣伝写真 大沼英樹 題字 日野薫 舞台製作 FACTORY-K 株式会社 小道具制作 高橋舞 演出部 熊谷有夏・千葉里子 制作 SENDAI座☆オフィス チケット取り扱い SENDAI座☆プロジェクト 予約WEBサイト http://www.sendaiza.jp 藤崎プレイガイド チケットぴあ:Pコード 459156 ローソンチケット:Lコード 21409 記事のURL http://sencale.com/?p=9598
24
25
コトリ会議 演劇公演15回め お礼してまわるツアー 『あ、カッコンの竹』仙台公演
コトリ会議 演劇公演15回め お礼してまわるツアー 『あ、カッコンの竹』仙台公演
8月 25 – 8月 26 全日
コトリ会議 演劇公演15回め お礼してまわるツアー 『あ、カッコンの竹』仙台公演
コトリ会議 演劇公演15回め お礼してまわるツアー 『あ、カッコンの竹』仙台公演 作・演出 山本正典 僕が溺れたら君が助ける 君が溺れたら僕は泳げない 日程 8月 25日(金) 20:00- 26日(土) 11:00-、 15:00- ※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前。 ※上演時間は約90分を予定。 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1 料金 予約/ぴあ 2,200円(Pコード:459-566) 当日 2,700円 出演 牛嶋千佳 要小飴 若旦那家康(以上、コトリ会議) 大石丈太郎 野村由貴 藤谷以優 まえかつと 三村るな 本田椋(劇団 短距離男道ミサイル) スタッフ 作・演出 山本正典 舞台美術 柴田隆弘 音響 佐藤武紀 照明 石田光羽 照明オペレーション 木内ひとみ(東京のみ) 舞台監督 柴田頼克(かすがい創造庫) 衣装 山口夏希 小道具 要小飴 小道具協力 竹腰かなこ 音楽 トクダケージ(spaghetti vabune!) 宣伝美術 小泉しゅん(Awesome Balance) 制作 若旦那家康 制作助手 渡邊歩惟 制作協力 佐和ぐりこ(オレンヂスタ)、秋津ねを(ねをぱぁく)、杉浦一基、創るつながるプロジェクト、小濱昭博、劇団 短距離男道ミサイル お問い合わせ 電話でのお問い合わせ 050-5240-3066(コトリ会議)※非通知でのご連絡はご遠慮ください。 メールでのお問い合わせ kotorikaigi[アットマーク]gmail[ドット]com ご来場・ご観劇に関してなんらかの心配事のある方はお気軽にご相談ください。 Webサイト http://kotorikaigi.com/ 記事のURL http://sencale.com/?p=9612
26
えずこシアター第20回演劇公演『ほぼ、夏の夜の夢』
えずこシアター第20回演劇公演『ほぼ、夏の夜の夢』
8月 26 – 8月 27 全日
えずこシアター第20回演劇公演『ほぼ、夏の夜の夢』
えずこシアター 第20回演劇公演『ほぼ、夏の夜の夢』 原作 W.シェイクスピア「夏の夜の夢」、構成・演出 倉品 淳子 記念すべき第20回公演、満を持して上演するシェイクスピア作品が「夏の夜の夢」。 駆け落ちする貴族の娘ハーミア、いたずら好きの妖精パック、愛すべき困った人たちばかり登場する傑作喜劇! 個性派揃いのえずこシアターと相性抜群!? どうぞお見逃しなく! 日程 2017年8月 26日(土)14:30-、19:00- 27日(日)14:30- ※開場は開演の15分前 ※上演時間は約90分を予定 ※ロビーに食事や飲み物などの有料喫茶コーナーを出店予定 会場 えずこホール(仙南芸術文化センター) 平土間ホール 料金 前売一般 1,500円、前売U-24 700円 当日一般 1,600円、前売U-24 800円 ※「U-24」は、4歳以上24歳以下が対象のチケット。 ※4歳未満入場不可  当日、身分証明書などのご提示をお願いする場合がございます。 ※予約制有料託児あり。お子様お一人様500円。  一週間前までにえずこホール(0224-52-3004)に電話でお申込みください。 出演(入団順) 伊藤裕子 中村真知子 伊藤真裕美 渡辺俊夫 伊藤良昭 中村和美 曽根田浩子 長谷野勇希 加藤百合子 渡辺睦 鈴木美保子 佐藤順子 渡辺陽 かとれあ 齋藤真名美 砂澤優佳里 平泉和代 梶賀まな美 高橋彩美 高橋明美 坂本友美 志田世理奈 櫻井崇史 スタッフ 構成・演出 倉品淳子(劇団山の手事情社) 舞台監督・演出助手 斉木和洋(劇団山の手事情社) 衣装 武藤銀糸(劇団天然ポリエステル) 照明プラン&オペレート 神崎祐輝 音響オペレート 小原美鈴 協力 安藤俊和 安藤あき子 主催 えずこ芸術のまち創造実行委員会 仙南地域広域行政事務組合教育委員会 えずこホール(仙南芸術文化センター) チケット取り扱い えずこホール tel.0224-52-3004 白石市/山田楽器店 tel.0224-26-2834 角田市/オジマ楽器 tel.0224-62-2361 チケットぴあ(Pコード:458-146) ローソンチケット(Lコード:21805) Webサイト http://www.ezuko.com/mirukiku/event2017/2017_04.html 記事のURL http://sencale.com/?p=9602
劇団ヤミ鍋 第12回公演『眠れる森で会いましょう』
劇団ヤミ鍋 第12回公演『眠れる森で会いましょう』
8月 26 – 8月 27 全日
劇団ヤミ鍋 第12回公演『眠れる森で会いましょう』
劇団ヤミ鍋 第12回公演 『眠れる森で会いましょう』 作・平塚祐里、演出・平塚祐里 「Siri、生きるって何?」 何か起こらないかなぁなんて空想しながら何も起こせずにいた「僕」は、 気が付けば線路を歩いていた。 辿り着いたその場所には首を吊るには誂え向きの真っ白な樹。 僕が目をつけていたその樹には首を吊っているアイドルがいて…!? 四つの線路が交差する、生と死の狭間のブラックコメディー。 日程 2017年8月 26日(土) 13:30-、16:30-、19:30- 27日(日) 13:30-、16:30- ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約80分を予定 会場 クォータースタジオ(仙台市青葉区五橋2-9-10 アラキビル地下) ・仙台市営地下鉄五橋駅南出口より徒歩4分 ・仙台駅より徒歩15分 料金 前売一般 1,000円  前売ペア 1,800円 前売学生 500円(高校生以下対象。受付にて学生証の提示をお願い致します) 当日券は一般・学生とも前売の300円増し。ペア割引適用なし。 出演 廣田和斗 佐々木しの 澤野珠侑紀 手塚光弘(劇団麦) スタッフ 作・平塚祐里 演出・平塚祐里 舞台監督 夕梨ちさと 舞台装置 Deco 照明 遊佐瞳、及川義史 音響 六月 衣装・メイク 佐々木しの チケット取り扱い 劇団ヤミ鍋 Web予約受付フォーム https://ssl.form-mailer.jp/fms/e32ac33e163249 Webサイト 劇団ヤミ鍋 公式サイト http://sendaiyaminabe.web.fc2.com/index.html 記事のURL http://sencale.com/?p=9490
27
28
29
30
31