Calendar

Pocket

1
SENDAI座☆プロジェクト2018『十二人の怒れる男』仙台公演
SENDAI座☆プロジェクト2018『十二人の怒れる男』仙台公演
8月 29 – 9月 2 全日
SENDAI座☆プロジェクト2018『十二人の怒れる男』仙台公演
SENDAI座☆プロジェクト2018 『十二人の怒れる男』仙台公演 作 レジナルド・ローズ 翻訳・演出 宮島春彦 真夏の暑い午後、見知らぬ男12人が1室に集められた。彼らには、劣悪な環境で育ち非行歴のある一人の少年の<命>が委ねられていた。有罪を宣告されると少年は、電気椅子に送られてしまうのである。 現場に残されていたナイフと決定的な目撃証言。 誰もが有罪を信じて疑わなかった。 が、一人の陪審員が無罪を主張した事により、事態は思わぬ方向へ・・。 果たして、少年の運命は? 日程 2018年 8月29日(水) 19:00- 8月30日(木) 19:00- 8月31日(金) 14:00-、 19:00- 9月1日(土) 14:00-、 19:00- 9月2日(日) 14:00- ※上演時間は約2時間5分(休憩なし)を予定 会場 エル・パーク仙台 ギャラリーホール 料金 前売り・当日共通 一般 4,500円 シニア(65才以上) 3,500円 U24 2,500円 ※未就学児入場不可。 ※シニア・U24・高校生以下の方は、来場日受付にて年齢証明できるもの(運転免許所・学生証など)をご提示願います。 出演 樋渡宏嗣 渡部ギュウ 戸石みつる 古川孝 松崎太郎 野々下孝 原西忠佑 飯沼由和 佐藤隆太 加藤隆 前田成貴 木立圭 鈴木大典 <出演者変更のお知らせ> 俳優わたなべひでおが体調不良の為、新人の鈴木大典が代役を務めます。 スタッフ 作 レジナルド・ローズ 翻訳・演出 宮島春彦 劇中曲 猪狩太志 舞台監督 渡邊英夫 照明 松崎太郎 柴成美 音響 本儀拓(キーウィ サウンドワークス) 情宣デザイン 菅原孝行 情宣写真 大沼英樹 情宣物題字 日野薫 演出助手 熊谷有夏、 千葉里子 制作 SENDAI座☆オフィス Webサイト http://www.sendaiza.jp/ 記事のURL http://sencale.com/?p=10320
鳥屋 鳥屋のこてん2『アンーAnneー』
鳥屋 鳥屋のこてん2『アンーAnneー』
9月 1 – 9月 2 全日
鳥屋 鳥屋のこてん2『アンーAnneー』
鳥屋 鳥屋のこてん2 『アンーAnneー』 原作 ルーシー・M・モンゴメリ 翻訳 osawa 脚本・演出 芦口十三(OtoOpreesnts) 日程 2018年9月 1日(土) 18:00- 2日(日) 11:00-、 15:00- ※開場は開演の20分前 会場 せんだい演劇工房 能-BOX 料金 前売一般 2,500円、 前売U-18 1,500円 ペア   4,500円、 脇正面  2,000円 ※当日は500円増 ※ペア、脇正面はご予約のみ ※小学生以下無料 出演 前田佳澄(劇団十三星座) 上島奈津子 白鳥英一 伊藤広重 伊藤 哲(おはなしてっちゃん) 鎌田麻椰 川口朋子 山下美由紀 阿部真理子 嶺岸祐菜 土田味代子 瀧原弘子(三角フラスコ) スタッフ ドラマトゥルク 生田 恵(三角フラスコ) 照明 高橋亜希 舞台美術・衣装・小道具 瀧原弘子(三角フラスコ) 衣装・小道具 助手 山下美由紀 人形劇スーパーバイザー・バックステージ 伊藤 哲(おはなしてっちゃん) 人形製作 工藤夏海(人形劇団ポンコレラ) 演奏 BMCB(ブレーメンズ・ミュージック・クラブ・バンド)   鳥郎、熊谷真弓、てっちゃん、柏木晏爾、さくら、まや、アベマリ、ツナ、伊藤広重、上島奈津子、へも 音楽監督 へも(の/ぼ Bande franken) チラシ 中村綾子(デザイン工房ねむの木) チラシ撮影・記録・当日パンフレット ヒロタユリ 制作協力 瀬川まーち プロデュース 白鳥英一 チケット取り扱い Web予約フォーム https://ws.formzu.net/fgen/S68469546/ メール予約 shiratorieiichi[アットマーク]gmail[ドット]com 電話予約 090-8255-6304 (白鳥) Webサイト https://www.facebook.com/toriyanogeki/ 記事のURL http://sencale.com/?p=10346
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
かと れあproject 企画 演劇公演 『広場』
かと れあproject 企画 演劇公演 『広場』
9月 13 全日
かと れあproject 企画 演劇公演 『広場』
かと れあproject 企画 演劇公演 『広場』 かと れあprojectの「広場」は、自分たちの手で、皆さんが楽しめる広場を提供したいと思ったのが発端です。 地域に根差した文化振興と他の文化団体との交流を図ることを目的としています。三団体の演劇で構成された「広場」は無料公演です。お気軽に演劇をお楽しみいただけると幸いです。 日程 2018年9月13日(木) 15:00-、 18:30- ※開場は開演の30分前 会場 仙台市太白区文化センター 展示ホール (地下鉄東西線長町駅前徒歩1分) 料金 入場無料 出演団体 えずこシアター・キャラバン 構成劇 演出 長谷野勇気 出演 砂澤優佳里 加藤百合子 佐藤順子 志田世理奈 鈴木美保子 中村真知子 西塔亜利夫+かと れあ ・ ユニット 朗読劇『この道はいつか来た道』 原作 別役実 出演 かと れあ 西塔亜利夫 かと れあproject 演劇『ブス』『真知子巻(君の名は)』 演出 かと れあ 出演 船渡代志子 高瀬昭枝 大久保遊人 ひのおさむ お問い合わせ katorea.proj[アットマーク]hotmail[ドット]co[ドット]jp 記事のURL http://sencale.com/?p=10419
14
A Ladybird Theater Company 第15回公演『最優記』
A Ladybird Theater Company 第15回公演『最優記』
9月 14 – 9月 16 全日
A Ladybird Theater Company 第15回公演『最優記』
A Ladybird Theater Company 第15回公演 『最優記』 作・演出 箱崎貴司 天竺へ向かう途中、三蔵法師一行が立ち寄った海辺の村の小さな孤児院。 バケモノの脅威に晒されながらも小さな幸せを守り続けていた孤児院には秘密があった。 これは人魚を巡る人間とバケモノの過去を乗り越え心を通わす物語。 日程 2018年9月 14日(金) 18:30- 15日(土) 13:00-、 18:30- 16日(日) 13:00- 会場 宮城野区文化センター パトナシアター 料金 前売一般 2,500円、当日一般 3,000円 前売学生 1,500円、当日学生 2,000円 中高生 1,000円 小学生以下 無料 ※全席自由 ※学生割引ご利用の際は、会場受付にて学生証、または学生であると証明できるものをご提示ください。 出演 箱崎貴司 伊藤直行 増田淳 紗也香 菊地陽哉(ワークショップ生) 地主まさと(代々木アニメーション学院 仙台校) 佐藤未来 村越勇一 木曽寛子 泉田風香(研究生) 三品英士(客演) 鈴木まみ(研究生) 宮島成映(テアトルアカデミー仙台校) 西山こころ(テアトルアカデミー仙台校) 杉山あおば(テアトルアカデミー仙台校) 相澤幸優(テアトルアカデミー仙台校) 打越潤平(ワークショップ生) 大風あゆみ(客演) スタッフ 作・演出 箱崎貴司 舞台監督 菅原玄哉((有)おむらいすファクトリー) 舞台美術 あやしげ商会 音響 山口裕次((有)舞台監督工房) 照明 高橋亜希、神崎祐輝 小道具 高橋舞 (趣味屋こめたろう.) 映像 (有)スカイモーションピクチャーズ 楽曲提供 アサノタケフミ 制作 安藤由希奈 制作協力 渋谷亜也(100グラード) プロデューサー 石山優人 チラシ製作 村上みゆき チケット取り扱い 劇団予約フォーム https://ssl.form-mailer.jp/fms/e53b5f1d569501 チケットぴあ http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1822433 Pコード:486814 お問い合わせ ladybird[アットマーク]rt.main[ドット]jp 022-707-1421 Webサイト http://ladybird.main.jp/ Twitter @LadybirdCompany https://twitter.com/LadybirdCompany 記事のURL http://sencale.com/?p=10240
劇団狼少年 2018年夏公演一か八か『Bon Voyage』
劇団狼少年 2018年夏公演一か八か『Bon Voyage』
9月 14 – 9月 16 全日
劇団狼少年 2018年夏公演一か八か『Bon Voyage』
劇団狼少年 2018年夏公演一か八か 『Bon Voyage』 脚本 モモタブラノカタカト 演出 奥津裕也 夫と息子夫婦に先立たれた杉山八重子は、田舎で一人暮らしを送っている。そんな八重子の様子を見に行くことを、警官の本田は赴任以来の日課としていた。 ある年の盆、「夫がうちにいる」という奇妙な言葉を残し、八重子は忽然と姿を消す。 時期を同じくして、珍しく杉山家に集合した孫たちであったが、当の八重子がいない。八重子の身に何が起こったのか、警官を巻き込んだ失踪事件は思わぬ方向へと進んでいく。 日程 2018年9月 14日(金) 19:00- 15日(土) 14:00-、 19:00- 16日(日) 13:00-、 18:00- ※開場は開演の30分前 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1 ※別日程で東京公演あり 料金 前売 3,200円 当日 3,500円 出演 宮後真美 中村有 奥津裕也 岡本恵美 竹中友紀子 川瀬遼太 實川阿季 宮本和歌子 大谷佑典 木村八重子 じんじろう スタッフ 舞台監督 今野僕辰 照明 佐藤円(tremolo) 宣伝美術 中村有 音響・演出助手・制作 はる音 制作 斎藤修子(Blue’s) 広報 宮本和歌子 企画・主催 狼少年 チケット取り扱い チケットぴあ Pコード:488719 せんだい演劇工房10-BOX 窓口9:00~21:00 メール:dopsendai[アットマーク]gmail[ドット]com Webサイト tumblr https://okamishownen.tumblr.com/ Facebookページ https://www.facebook.com/%E7%8B%BC%E5%B0%91%E5%B9%B4-584356848381270/ 記事のURL http://sencale.com/?p=10437
15
仙臺吉田屋プロジェクト 佐々木玲子の一人芝居『「スナックすず」さん 花いちもんめ』
仙臺吉田屋プロジェクト 佐々木玲子の一人芝居『「スナックすず」さん 花いちもんめ』
9月 15 – 9月 16 全日
仙臺吉田屋プロジェクト 佐々木玲子の一人芝居『「スナックすず」さん 花いちもんめ』
仙臺吉田屋プロジェクト 佐々木玲子の一人芝居 『「スナックすず」さん 花いちもんめ』 作 宮本研、 構成・演出 吉田正敏 昭和50年代後半、港町の小さな「スナックすず」のすずさんには秘密があった。 それは昭和20年。かつて「満州」と呼ばれた五族協和・王道楽土の希望の大地に すずさんが置いてきたもの。 日程 2018年9月 15日(土) 13:00-、 15:30- 16日(日) 13:00-、 15:30- 21日(金) 13:00-、 15:30- 22日(土) 13:00-、 15:30- 29日(土) 13:00-、 15:30- 30日(日) 13:00-、 15:30- ※開場は開演の10分前 ※上演時間は約80分を予定 会場 ART&EVENT SNACK 大人のしゃべり場 仙台市青葉区国分町2丁目10-23丸伊プラザ2F 料金 一律 1,000円 ドリンク付き。各回とも最大10名、要予約。 出演 佐々木玲子(「麦わら帽子の会」) スタッフ 構成・演出 吉田正敏(仙臺吉田屋) 音響 臼井典子(仙臺吉田屋) チケット取り扱い mrkmj520[アットマーク]yahoo.co[ドット]jp 記事のURL http://sencale.com/?p=10440
16
Super Theater 小池博史ブリッジプロジェクト『新・伝統舞踊劇 幻祭前夜2018 ~マハーバーラタより』
Super Theater 小池博史ブリッジプロジェクト『新・伝統舞踊劇 幻祭前夜2018 ~マハーバーラタより』
9月 16 全日
Super Theater 小池博史ブリッジプロジェクト『新・伝統舞踊劇 幻祭前夜2018 ~マハーバーラタより』
Super Theater 小池博史ブリッジプロジェクト 『新・伝統舞踊劇 幻祭前夜2018 ~マハーバーラタより』 原作 『マハーバーラタ』 演出 小池博史 マハーバーラタは、偉大な(=マハー)バラタ族という大家族の中で、「クル家の血を引く者」と「パーンドゥ家の血を引く者」とが、富や権力を求め対立を深めていく物語です。そしてその溝は徐々に深まっていき、欲望・嫉妬・怒り・怨み・悲しみによって、やがて大戦争を引き起こします。 この公演では、世界各国の古典舞踊(バリ舞踊、タイ舞踊、インド舞踊、京劇、琉球舞踊)からアクロバットまで、多種多様な舞踊家の身体表現と音楽(生演奏)で、ふたつの血族が対立を始める衝突場面から、やがて起こる大戦の前夜までを描きます。 日程 2018年9月16日(日)14:00- ※開場は開演の20分前 ※上演時間は約90分を予定(休憩なし) 会場 日立システムズホール仙台 シアターホール (仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5) 仙台駅から市営地下鉄南北線・泉中央方面行き10分「旭ヶ丘駅」下車、 東1番出口より徒歩3分。 料金 前売一般 3,000円、 前売22歳以下・留学生 1,000円 当日一般 3,500円、 当日22歳以下・留学生 1,500円 出演 小谷野哲郎(バリ舞踊) 張春祥(京劇) 川満香多(琉球舞踊) 谷口界(アクロバット) 土屋悠太郎(タイ古典舞踊) 吉澤慎吾 YASUCHIKA 福島梓 ムーンムーン・シン(インド古典舞踊) 演奏 下町兄弟(ジャンべ・パーカッション) 大城貴幸(琉球音楽) スタッフ 演出 小池博史 舞台美術 フィロス・カーン、ソーラブ・ポッダー(インド) 作曲 チャンドラン・ベヤツマル(インド)、藤井健介、下町兄弟、大城貴幸 衣装 マンダキニ・ゴスワミ(インド)、岡田美千代 仮面 イ・ワヤン・タングー、イ・ワヤン・スティアルカ(インドネシア) 舞台監督 吉田誠、中原和樹 照明 富山貴之 音響 印南昭太朗 主催 仙台市青年文化センター(公益財団法人仙台市市民文化事業団)、仙台市 チケット取り扱い 藤崎、仙台三越、日立システムズホール仙台、仙台銀行ホール イズミティ21 チケットぴあ(Pコード:486-535)※、ローソンチケット(Lコード:22650)※、イープラス※ (※は、22歳以下および留学生価格販売は取扱いなし) Webサイト 小池博史ブリッジプロジェクト 作品ページ http://kikh.com/mahabharata/ 仙台市市民文化事業団 イベントページ http://web.midc.jp/bunka/event/shousai.php?id=10796 作品Facebookページ https://ja-jp.facebook.com/mahabharata2018/ 記事のURL http://sencale.com/?p=10415
17
18
19
20
21
仙臺吉田屋プロジェクト 佐々木玲子の一人芝居『「スナックすず」さん 花いちもんめ』
仙臺吉田屋プロジェクト 佐々木玲子の一人芝居『「スナックすず」さん 花いちもんめ』
9月 21 – 9月 22 全日
仙臺吉田屋プロジェクト 佐々木玲子の一人芝居『「スナックすず」さん 花いちもんめ』
仙臺吉田屋プロジェクト 佐々木玲子の一人芝居 『「スナックすず」さん 花いちもんめ』 作 宮本研、 構成・演出 吉田正敏 昭和50年代後半、港町の小さな「スナックすず」のすずさんには秘密があった。 それは昭和20年。かつて「満州」と呼ばれた五族協和・王道楽土の希望の大地に すずさんが置いてきたもの。 日程 2018年9月 15日(土) 13:00-、 15:30- 16日(日) 13:00-、 15:30- 21日(金) 13:00-、 15:30- 22日(土) 13:00-、 15:30- 29日(土) 13:00-、 15:30- 30日(日) 13:00-、 15:30- ※開場は開演の10分前 ※上演時間は約80分を予定 会場 ART&EVENT SNACK 大人のしゃべり場 仙台市青葉区国分町2丁目10-23丸伊プラザ2F 料金 一律 1,000円 ドリンク付き。各回とも最大10名、要予約。 出演 佐々木玲子(「麦わら帽子の会」) スタッフ 構成・演出 吉田正敏(仙臺吉田屋) 音響 臼井典子(仙臺吉田屋) チケット取り扱い mrkmj520[アットマーク]yahoo.co[ドット]jp 記事のURL http://sencale.com/?p=10440
22
23
24
25
26
27
28
29
仙臺吉田屋プロジェクト 佐々木玲子の一人芝居『「スナックすず」さん 花いちもんめ』
仙臺吉田屋プロジェクト 佐々木玲子の一人芝居『「スナックすず」さん 花いちもんめ』
9月 29 – 9月 30 全日
仙臺吉田屋プロジェクト 佐々木玲子の一人芝居『「スナックすず」さん 花いちもんめ』
仙臺吉田屋プロジェクト 佐々木玲子の一人芝居 『「スナックすず」さん 花いちもんめ』 作 宮本研、 構成・演出 吉田正敏 昭和50年代後半、港町の小さな「スナックすず」のすずさんには秘密があった。 それは昭和20年。かつて「満州」と呼ばれた五族協和・王道楽土の希望の大地に すずさんが置いてきたもの。 日程 2018年9月 15日(土) 13:00-、 15:30- 16日(日) 13:00-、 15:30- 21日(金) 13:00-、 15:30- 22日(土) 13:00-、 15:30- 29日(土) 13:00-、 15:30- 30日(日) 13:00-、 15:30- ※開場は開演の10分前 ※上演時間は約80分を予定 会場 ART&EVENT SNACK 大人のしゃべり場 仙台市青葉区国分町2丁目10-23丸伊プラザ2F 料金 一律 1,000円 ドリンク付き。各回とも最大10名、要予約。 出演 佐々木玲子(「麦わら帽子の会」) スタッフ 構成・演出 吉田正敏(仙臺吉田屋) 音響 臼井典子(仙臺吉田屋) チケット取り扱い mrkmj520[アットマーク]yahoo.co[ドット]jp 記事のURL http://sencale.com/?p=10440
30