劇団子供鉅人 本公演ニューカウントvol.9『真夜中の虹 』

いつ:
2018年7月21日 – 2018年7月22日 全日
2018-07-21T00:00:00+09:00
2018-07-23T00:00:00+09:00

劇団子供鉅人 本公演ニューカウントvol.9『真夜中の虹』
脚本 益山貴司、 演出 益山貴司

2016年の初演時に大好評を博した作品の再演。
劇団初の仙台公演を含む、全国4か所でのツアー公演は
追加キャストによる新エピソードを加え、よりブラッシュアップされた現代のファンタジー。
“詩的な関西弁”で語られる、エネルギッシュな叙情詩劇。
関西の地方都市。小さな町にはただ、高速道路が伸びているだけ。
そこに住む人々の一夜の物語。悪役専門の俳優シャープ横田はモデルハウススタジオで簡単な再現映像で何テイクも撮り直している。
若年性認知性のタマキを妹に持つサトシはなんとか妹に家族のことを思い出させている。
母の遺産で大きな家に住むエル君は毎週のパジャマパーティーを繰り広げ、隣接する安ホテルでは、万年主任のクボタが不治の病に犯されたフィリピン人ホステスと最後の夜を迎えようとしている……。
高速道路沿いにひたすら自転車をこぎ続ける男が、そんな人々の物語を拾い上げながら、やがて、海へとたどり着く。
水平線に顔を出す太陽。
町の人々はそれぞれの苦悩や喜びを抱えながら、新しい朝を迎える。
日程

2018年7月
21日(土) 14:00-、 18:00-
22日(日) 14:00-
※受付開始は開演の40分前
※開場は開演の30分前
※上演時間は約90分を予定
※未就学児童の入場不可
※学生チケットは入場時に要学生証提示
※アフタートーク開催予定

会場

せんだい演劇工房10-BOX box-1

料金

前売一般 3,000円、 当日一般 3,500円
学生 2,000円
高校生以下 1,000円
※学生チケットは入場時に要学生証提示

出演

益山寛司
影山徹
キキ花香
億なつき
ミネユキ
山西竜矢
益山U☆G
古野陽大
うらじぬの
益山貴司

スタッフ

舞台監督 伊藤新(ダミアン)
照明 木内ひとみ、 筆谷亮也
音響 近松祐貴
衣装 田中迅人
スタイリング キキ花香
演出助手 さくらの、 地道元春
美術部 谷口悠
フライヤーデザイン コバヤシタケシ
ツールデザイン 河村真由美
WEB ミネユキ
フライヤー写真 高木陽春、 佐藤祐紀
映像 佐藤祐紀
制作 倉本真見、 新藤江里子
相談役 呉勇寿
制作協力 boxes Inc. 、 橋本理沙(Q’s Link)、 徳永のぞみ、 大村まや
制作部 越慶次郎
大人鉅人 斉藤杏奈、 工藤愁子、 黒川花、 大海愛里、 広垣友里絵
     寺岡未央、 井上奈菜、 坂崎 芙美、 道岡潮酉樹、 津野あゆみ
     札野享、 水野沙耶、 川畑麻美、 石口さくら、 神谷侑希
     加納孝恵、 馬田 佳織、 坂口剛、 野口真利名、 荻野楓子
     大迫千聡、 池口茉里、 本津さくら、 鈴木晃尚

チケット取り扱い

CoRich舞台芸術! http://stage.corich.jp/stage/91978

ワークショップ(体を動かし、演技する)

講師 劇団⼦供鉅⼈ 益⼭貴司・寛司
大阪で旗揚げし、東京で活動する劇団子供鉅人による初の仙台ワークショップ。
代表の貴司が指示語の脚本を使い即興の物語を作り、弟の寛司が踊れる身体を作る。

7月18日(水)19:00-21:00 15分前開場
会場 せんだい演劇工房10-BOX box1
定員 10名程度
参加費 一般 2,000円 、学生 1,500円(要学生証提示)
ご予約・お問い合わせ:shindo[アットマーク]kodomokyojin[ドット]com
件名を「仙台WS」とし、「お名前、性別、年齢、一般or 学生、参加人数、ご連絡
先(電話番号)」を明記の上、送信してください。
090-3848-9336

Webサイト

http://www.kodomokyojin.com/

記事のURL http://sencale.com/?p=10244

Pocket