演劇企画集団LondonPANDA Vol.11『ROOM』vol.12『MOOR』仙台公演

いつ:
2017年11月1日 – 2017年11月4日 全日
2017-11-01T00:00:00+09:00
2017-11-05T00:00:00+09:00

演劇企画集団LondonPANDA
Vol.11『ROOM』vol.12『MOOR』仙台公演

作・演出 大河原準介

LondonPANDA、初の2本立て公演。
同じ1つの部屋に起こる表裏一体の物語、『ROOM』と『MOOR』。
「倉庫」という空間の磁場で、日常と非日常が交錯する。
vol.11『ROOM』
急に職を失った彼氏。家賃滞納で追い出された私たち。
新しい部屋を探してたら、駅から徒歩30分、20帖のワンルームを見つけた。
心理的瑕疵あり。なんて読むのか分かんないけど、なんとなく意味は分かる。
だって家賃が安すぎる。他の物件とケタが1つ違う。
事故物件だとしても、霊感無いし。背に腹は変えられない。
内見の時に不動産屋に激しく念を押されたけど、構わずハンコを押した。
無職の2人に部屋を貸してくれるだけでもありがたい。
振り返ってみると、この日がターニングポイント。
この部屋が、私たちの運命を変えた。
そしてあの人と、私たちが過ごした日々は、宝物だ。たぶん。
極貧カップルと地縛霊の、どこにでもありふれていそうなお話。
vol.12『MOOR』
僕の人生のすべては君のためにある。
お金も、時間も、体力も、精力も。
君は僕の太陽だから、君が居なければ生きていくこともできない。
なんでもするから側においてほしい。
万引きでも殺人でも君のためなら余裕で出来ちゃうと思う。
それだけ愛しているんだよ。
君が想像しているよりも、もっと深く、もっと大きな愛なんだ。
見くびってもらっちゃ困る。
…試しに、誰か殺してきてあげようか?
真裏の世界で起こる、メンヘラディープラブストーリー。
日程

2017年11月
1日(水) 16:00-(R)、 19:00- (M)
2日(木) 16:00-(R)、 19:00- (M)
3日(金) 13:00-(R)、 16:00-(M)、 19:00-(R)
4日(土) 13:00-(R)、 16:00-(M) 、 19:00-(R)
※R=『ROOM』、M=『MOOR』
※受付開始は開演の45分前、開場は開演の30分前
※上演時間は約75分を予定

会場

イベント倉庫ハトの家
仙台市若林区卸町2-15-6
仙台市営地下鉄東西線 卸町駅から徒歩8分
※別日程で石巻公演あり

料金

前売一般 2,500円
前売学生 2,000円(要学生証提示)

※2作品観劇割引(仙台公演のみ)
 1作品目のチケット半券持参で、受付で500円キャッシュバックをいたします。
 詳細はHPをご覧ください。
※当日券は各500円増し
※未就学児のご入場はご遠慮ください

出演

飯沼由和(言言/仙台シアターラボ)
横山真
瀧原弘子(三角フラスコ)
鳥居志歩
郷内宣子
千石すみれ
浅倉麻里衣
長谷野勇希(えずこシアター)
キサラカツユキ
福士永大
渡辺陽(えずこシアター)
松崎太郎《友情出演》

スタッフ

舞台監督 鈴木 拓(boxes Inc.)
照明 神崎 祐輝 (劇団 短距離男道ミサイル)
音響 山口 裕次(舞台監督工房)
宣伝美術 荒川 敬(BRIGHT inc.)
制作 大河原 芙由子(LondonPANDA)
演出助手 丹野 隆幸
制作補佐 小山内琴星
協力 えずこシアター、言言、三角フラスコ、仙台シアターラボ、協同組合 仙台卸商センター
助成 公益財団法人 仙台市市民文化事業団
後援 仙台放送・河北新報社

SUNNY SITE COFFEE × teato ×BAKE & COFFEE MUGI コラボカフェOPEN!
公演中、会場内にDRINK&FOODを楽しめるカフェがオープン!
公演前にひと息、2本立て公演の間に、公演後に感想をシェアしながら等々、お楽しみください。

チケット取り扱い

9月16日よりチケット発売開始
全席自由・入場順整理番号付き

演劇パス(ご入場が優先されます)※事前クレジット決済、
http://engeki.jp/pass/events/detail/303
せんだい演劇工房10-BOX(9:00〜21:00)※窓口販売
劇団予約窓口( http://londonpanda.net/ ) ※予約のみ

Webサイト

http://londonpanda.net/

記事のURL http://sencale.com/?p=9773

Pocket