三角フラスコ#40 ウイングフィールド提携公演 『花鋏』 『指先から少し血が流れ始めた』

日時:
2014年1月10日 – 2014年1月14日 終日
2014-01-10T00:00:00+09:00
2014-01-15T00:00:00+09:00

三角フラスコ#40 ウイングフィールド提携公演 『花鋏』 『指先から少し血が流れ始めた』
演出 芦口十三(OtoOpresents)
脚本 『花鋏』生田恵(三角フラスコ)、『指先から少し血が流れ始めた』中村賢司(空の驛舎)

私たちは語り続ける、あなたへ。
三角フラスコ、40回目の公演は短編2本同時上演。3人の俳優が2つの作品を紡ぎ出します。
『花鋏』は三角フラスコの生田恵が短篇集『秋、茜』の1篇として書いた作品の、11年ぶりとなる再演。
一方、『指先から少し血が流れ始めた』は大阪のカンパニー、空の驛舎の劇作家・中村賢司さんによる書き下ろし最新作。
時間を超え距離を超えて呼応し響きあう、2つの物語をお届けします。
日程

2014年1月
10日(金) ■19:30-
11日(土)  14:00-、 19:30-
12日(日) ☆14:00-
13日(月祝)◎14:00-
14日(火) □◎14:00-、 19:30-
■初日料金
☆終演後、ポストパフォーマンストークあり。ゲスト 中村賢司(空の驛舎)
◎託児サービス有り・要事前予約
□平日マチネ料金

※受付開始(入場整理券発行)と当日券販売は開演の45分前
※開場は開演の20分前
※上演時間は70分を予定、途中休憩あり

会場

エル・パーク仙台 スタジオホール

料金

前売 2,500円、 当日 3,000円
■初日料金 前売 2,000円、 当日 2,500円
□平日マチネ料金 前売 2,000円、 当日 2,500円

割引チケット枚数限定・各回申込先着10枚(組)※WEB予約のみ受付
ペア割 4,000円
ユース(U-25割) 1,000円(公演当日25歳以下の方)※未就学児入場不可
※割引適用には予約が必要です。ご予約のない場合は当日料金になります。

出演

瀧原弘子
斎藤大典(劇団無国籍)
渡辺千賀子

スタッフ

舞台監督 菅原玄哉(有限会社おむらいすファクトリー)
照明 高橋亜希
音響 本儀拓(キーウィ サウンドワークス)
宣伝美術 清水俊洋
WEB制作 佐々木愛
進行管理 高橋創一
プロデュース 森忠治(トライポッド)

Webサイト

http://www.frascoweb.jp/

記事

三角フラスコ#40 ウイングフィールド提携公演 『花鋏』 『指先から少し血が流れ始めた』

1401_hanayubi_al
1401_hanayubi_bl


この投稿はが公開しました

本儀拓 について

宮城県仙台市で舞台音響、音響効果をやっています。 キーウィ サウンドワークス( http://kiwisoundworks.com )代表。 本を読んだりお茶を飲んだりお酒を飲んだりするのが好きです。