Calendar

1
2
3
4
5
6
劇団ヤミ鍋13.5公演 『うさぎ』
劇団ヤミ鍋13.5公演 『うさぎ』
4月 6 – 4月 7 全日
劇団ヤミ鍋13.5公演 『うさぎ』
劇団ヤミ鍋13.5公演 『うさぎ』 脚本 廣田 和斗、演出 平塚 祐里 「奈緒さん。私、三浦晴子です」 「三浦さん?」 夜更けに突然訪問してきたのは 元カレ、佳佑の今の彼女だった。 訝しみつつ好物の柚餅子につられ家にあげる事に。 何か事情がある様子の晴子に、 核心に迫れず他愛もない雑談を繰り 広げる奈緒。 微妙な距離の女2人、 恋バナも出来ない不思議なパジャマパーティーが始まる。 日程 2019年4月 6日(土) 14:00-、 17:00- 7日(日) 13:00-、 16:00- ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約60分を予定 会場 クォータースタジオ 料金 前売一般 1,000円 ペア割 1名800円(2名でご予約) 団体割 1名500円(3名以上でご予約) 高校生以下 無料(要予約。中学生以上は当日学生証の提示) 当日一律 1,000円 ★クオスタおか割り クォータースタジオで上演された対象公演の半券を受付でご提示頂くと200円引き。(ペア割、団体割、高校生以下無料との併用は出来ません) ※未就学児入場可 小さなお子様連れのお客様は入り口付近のお席にご案内させて頂きます。 ※上記の無料を含む割引料金はご予約の方が対象となりますのでご予定が確定致しましたらお早めのご予約をお願い致します。 出演 伊勢知愛 平塚祐里 スタッフ 脚本 廣田和斗 演出 平塚祐里 照明 遊佐瞳、 及川義史 音響 六月、佐々木しの 衣装メイク 佐々木しの 制作 夕梨ちさと 舞台監督 Deco チケット取り扱い 予約フォーム https://ws.formzu.net/fgen/S89131635/ お問い合わせ mail_yaminabe[アットマーク]yahoo.co[ドット]jp Webサイト http://sendaiyaminabe.web.fc2.com/ 記事のURL https://sencale.com/?p=10807
7
Yonezawa Gyu Office 東北物語Ⅱ番外編 『安吾をよみ、語る。』
Yonezawa Gyu Office 東北物語Ⅱ番外編 『安吾をよみ、語る。』
4月 7 全日
Yonezawa Gyu Office 東北物語Ⅱ番外編 『安吾をよみ、語る。』
Yonezawa Gyu Office 東北物語Ⅱ番外編 『安吾をよみ、語る。』 『桜の森の満開の下』作 坂口安吾 演出 渡部ギュウ 『白痴』作 坂口安吾 演出 高橋菜穂子 2014年にスタートした渡部ギュウのひとり語り、ときどき芝居「東北物語」もシリーズで10作品を上演。そして2018年からは「東北物語-Ⅱsecond」が始まりました。市内の小さなスペース(飲食店・カフェ)を活用して、短中編小説・詩・戯曲・手記(ブログ等)の言葉群を声という身体表現を通して、俳優、そして東北人である渡部ギュウが再話する試みです。東北の魅力と地域文化の魅力を広く仙台市民(観客)の方々と発見する上演を継続的に行っています。 街中でちょっと、文学、芝居、文化に触れる機会を提供し、地域交流の活性化を目指しています。今回は、2014年から開講している渡部ギュウの語り教室(市民参加講座「朗読クラブ」)のみなさんにも出演いただきます。 <坂口安吾> 昭和の戦前・戦後にかけて活躍した近現代日本文学を代表する作家。終戦直後に発表した『堕落論』『白痴』により時代の寵児となり、太宰治、織田作之助、石川淳らと共に、無頼派・新戯作派と呼ばれ地歩を築いた。その作風には独特の不思議な魅力があり、狂気じみた爆発的性格と風が吹き通っている「がらんどう」のような風格の稀有な作家だといわれている。 <作品解説> 【桜の森の満開の下】 坂口の代表作の一つで、傑作と称されることの多い作品である。ある峠の「山賊」と、妖しく美しい「女」との幻想的な怪奇物語。桜の森の満開の下は怖ろしい、と物語られる説話形式の文体で、花びらとなって掻き消えた女と、冷たい虚空がはりつめているばかりの花吹雪の中の、男の孤独が描かれている。 【白痴】 新聞記者あがりの映画演出家で27歳の伊沢は、戦時下、場末の商店街のアパートで白痴の女と同棲することになる。白痴の女を通じて、戦争のこと、生活の糧のためだけの仕事のこと、世間体などを考える。東京に大空襲が起こり、降り注ぐ焼夷弾や夜間空襲の中を逃げ惑う二人の「理知なき交流」が描かれている。最後に伊沢が白痴の女にとった行動とは…。 日程 2019年4月7日(日) 13:00- 『桜の森の満開の下』 15:00- 『白痴』 ※開場は開演の30分前 会場 純喫茶 星港夜~シンガポールナイト 仙台市青葉区 上杉 1-12-1 料金 『桜の森の満開の下』 ケーキ&ドリンク付き 予約 1,500円 当日 1,800円 ※おつまみ&アルコール付は200円増し 『白痴』  ケーキ&ドリンク付き 予約 2,500円 当日 2,800円 ※おつまみ&アルコール付は200円増し 出演 『桜の森の満開の下』 SENDAI座☆大人のための朗読クラブ 大友順子、庄司ひとみ 柴田こずえ 世木ノリ 神孫子恵子 渡部ギュウ 楽士 金子勲(ケーナ) 『白痴』 渡部ギュウ 楽士 石垣弘子(ピアノ) スタッフ 『桜の森の満開の下』 作 坂口安吾 演出 渡部ギュウ 『白痴』 作 坂口安吾 演出 高橋菜穂子 情宣デザイン 小関歩 協力 純喫茶 星港夜~シンガポールナイト 後援  仙台市 主催 ・企画制作  ヨネザワギュウ事務所 チケット取り扱い SENDAI座プロジェクトWeb窓口 http://www.sendaiza.jp/ メール申し込み yonegyu[アットマーク]nifty[ドット]com Webサイト http://www.sendaiza.jp/ 記事のURL https://sencale.com/?p=10855
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30