仙台シアターラボ シア・トリエ 合同公演 Fukushima Meets Miyagi Folklore Project『SAKURA NO SONO』

いつ:
2018年6月9日 – 2018年6月10日 全日
2018-06-09T00:00:00+09:00
2018-06-11T00:00:00+09:00

仙台シアターラボ シア・トリエ合同公演
Fukushima Meets Miyagi Folklore Project

『SAKURA NO SONO』
原作 アントン・チェーホフ作「桜の園」
テキスト 大信ペリカン(シア・トリエ)
構成・演出 野々下孝(仙台シアターラボ)

演劇を劇場から解き放つとき、「桜の園」は「SAKURA NO SONO」として生まれ変わる

そこは桜の園、
そこは記憶の故郷。
なくなるはずのない故郷が風化するとき、
我々は何処と繋がり続けるのか?
チェーホフ作「桜の園」を原作に、
世界中にあるであろう「SAKURA NO SONO」を描く。

日程

2018年6月
9日(土) 13:00-、 17:00-
10日(日) 11:00-、 14:30-、 18:00-
※開場は開演の30分前
※上演時間は約90分を予定

会場

中本誠司現代美術館 東館
(仙台市青葉区東勝山2-20-15)

料金

前売一般 2,800円、 前売学生 2,000円
当日一般 3,300円、 当日学生 2,500円
高校生以下 無料(当日要学生証・各回申込先着5名)
遠距離割 500円(前売・当日共。要証明。宮城県以外に在住・通勤・通学の方)

出演

野々下孝(仙台シアターラボ)
渡邉悠生(仙台シアターラボ)
佐藤隆太(シア・トリエ)
永澤真美
瀧原弘子(三角フラスコ)
渋谷裕子
宮本一輝
臺野響(砂岡事務所)

スタッフ

原作 アントン・チェーホフ作「桜の園」
テキスト 大信ペリカン(シア・トリエ)
構成・演出 野々下孝(仙台シアターラボ)
照明 麿由佳里(シア・トリエ)
宣伝美術 三月文庫
制作 小出侑佳、香田志麻
製作 仙台シアターラボ

主催

仙台シアターラボ、シア・トリエ

チケット取り扱い

CoRichチケット! https://ticket.corich.jp/apply/91516/
仙台シアターラボ sendai.theatre.labo[アットマーク]gmail[ドット]com

Webサイト

仙台シアターラボ http://s-theatrelabo.jimdo.com/
シア・トリエ https://ja-jp.facebook.com/toriking.fukushima/

記事のURL https://sencale.com/?p=10169

Pocket

この投稿はが公開しました

本儀拓 について

宮城県仙台市で舞台音響、音響効果をやっています。 キーウィ サウンドワークス( http://kiwisoundworks.com )代表。 本を読んだりお茶を飲んだりお酒を飲んだりするのが好きです。