トップ



コトリ会議 演劇公演16回め『しずかミラクル』仙台公演
00:00
コトリ会議 演劇公演16回め 『しずかミラクル』仙台公演 作・演出 山本正典 僕の斜め上の部屋に住んでいる女の人は、25世紀、宇宙戦争の只中にいるという設定で生きていた。21世紀に別れた男をずっと待っていると、さびしげに、話してくれた。 日程 2018年6月 22日(金) 19:30- 23日(土) 11:00-、 16:00- 24日(日) 11:00-、 16:00- ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約90分を予定 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1 ※別日程で、大阪、東京公演あり 料金 一般 2,500円 18~25歳割 2,000円(2,200円と書いたチラシもありますが、正しくは2,000円とのこと。) 高校生以下 1,000円 遠方割 1,000円 当日券(全券種) 2,800円 遠方割(青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県の6県にお住まいではないお客様) ※18~25歳割、高校生以下、遠方割は証明するものをご提示ください。 出演 牛嶋千佳 要小飴 三村るな まえかつと 若旦那家康 (以上、コトリ会議) 大石英史 中村彩乃(安住の地/劇団飛び道具) 原竹志(兵庫県立ピッコロ劇団) 山本瑛子 スタッフ 作・演出 山本正典 舞台監督 柴田頼克(かすがい創造庫) 音響 佐藤武紀 照明 石田光羽 舞台美術 竹腰かなこ 衣装 山口夏希 演出助手 吉村篤生(劇の虫) 音楽 トクダケージ(spaghetti vabune!) 宣伝美術 小泉しゅん(Awesome Balance) 制作 若旦那家康  竹内桃子(匿名劇壇) 制作協力 大石丈太郎 劇団 短距離男道ミサイル 協力 せんだい演劇工房10-BOX チケット取り扱い こりっち http://stage.corich.jp/stage/89400 チケットぴあ http://w.pia.jp/t/kotorikaigi/ Webサイト 劇団公式サイト http://kotorikaigi.com/ 『しずかミラクル』特設サイト http://sizumira.starfree.jp/index.html 記事のURL http://sencale.com/?p=10177
00:00
劇団どんちょうの会第61回公演 『見果てぬ夢』 作 堤 康之、 演出 三浦 勝則 皆がじっと私の顔を眺めていた 私が生まれたとき そして今 そして旅立つ床についた時 そしてあの世についた時・・・・ 生きることの意味 大切な人への想い 見果てぬ夢 日程 2018年6月 22日(金) 19:00- 23日(土) 14:00-、 19:00- ※開場は開演の30分前 会場 登米祝祭劇場 小ホール 料金 前売一般 1,500円、 前売学生 500円 当日一般 1,700円、 当日学生 700円 チケット取り扱い 登米祝祭劇場 0220-22-0111 劇団どんちょうの会 予約フォーム https://my.formman.com/form/pc/M3b1cmDHZLgt5Jpw/ Webサイト http://www.geocities.jp/donchonokai/index.html 記事のURL http://sencale.com/?p=10305
Team HacCLose vol.4『POOL-プール-』
00:00
Team HacCLose vol.4 『POOL-プール-』 脚本・総合プロデュース 武田らこ ―ずっと、溺れている― 僕は、貴女を愛しています 貴女を害した女と、僕は生活をともにしています 僕は、貴女に似た女子高生を軟禁しました 押入れの一段目には貴女を、 二段目にはあの女を仕舞って、 僕は彼女と永遠の愛を誓いました 僕は、世界で一番、貴女を愛しています 日程 2018年 6月29日(金) 20:00- 6月28日(土) 10:00-●、 13:30-、 17:00-、 20:00- 7月1日(日) 10:00-●、 13:30-、 17:00-、 ※●の回は通常料金より300円引き ※開場および受付開始、当日券の販売開始は開演の20分前 会場 クォータースタジオ 料金 予約 1,800円 当日 2,300円 出演 武田らこ 綾辻まお 橘侑雨 まぐにゃー スタッフ 脚本・総合プロデュース 武田らこ 照明 あかね 衣装・制作 綾辻まお Indexfinger 三島イチロー 装置 一宮天海(劇団航海記) 小道具 えなみりほ Web制作 ゆてぃお グラフィックデザイン 水島。 音楽 D_VOLT チケット取り扱い LINE@(お名前、ご希望の回、人数を明記して送信) https://line.me/R/ti/p/%40dza6509p Web予約 http://hacclose.main.jp/works/pool/ メール info[アットマーク]hacclose.main[ドット]jp お問い合わせ info[アットマーク]hacclose.main[ドット]jp Webサイト   http://hacclose.main.jp/  Twitter@hacclose https://twitter.com/hacclose  Instagram hacclose https://www.instagram.com/hacclose/ 記事のURL http://sencale.com/?p=10249
最強の一人芝居フェスティバル東北版『INDEPENDENT:SND18』
00:00
最強の一人芝居フェスティバル東北版 『INDEPENDENT:SND18』 毎年、大阪・インディペンデントシアターで行われる最強の一人芝居フェスティバル「INDEPENDENT」。2011年夏に行われたジャパンツアー仙台公演を経て、2012年から仙台でも東北の創り手を中心とした「INDEPENDENT:SND」を継続開催しています。今回はSND史上最多応募の激戦から選ばれた6組が参戦。東北の俳優と本家大阪で評価を得た招聘作品が競演します。是非ご期待ください!! 日程 2018年7月 7日(土) 17:00-[d] [b] [g]、 19:00- [c] [e] [f] [a] 8日(日) 13:00- [c] [e] [f] [a]、 15:30- [d] [b] [g] ※1ブロックは3~4作品連続で上演いたします。 ※1ブロックの上演時間は約90~120分です。 ※各日初回は45分前受付開始、開場は開演の30分前となります。 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1 料金 日時指定自由席。1日通し券。(終日全作品観劇可) 一般前売 2,800円、 一般当日 3,000円 学生前売 1,800円 学生当日 2,000円 ※要学生証提示。 上演作品 [a]「ずんだクエスト」 出演:菊池佳南(青年団 / うさぎストライプ)×脚本・演出:山田百次(ホエイ / 劇団野の上) [b]「やさしすぎた男」 出演:キサラカツユキ(演劇企画集団LondonPANDA)×脚本・演出:大河原準介(演劇企画集団LondonPANDA) [c]「ランブル」 出演:佐藤千尋(演劇集団舞台工房)×脚本:石川kenjiro-(劇団@nDANTE)×演出:吹雪ビュン(劇団のら) [d]「プライマリーピル」 出演:新関麻美(劇団のら)×脚本:萩野谷ぎんいろ×演出:天輝マキ(劇団楽天夢座) [e]「偏頭痛フラクタル」 出演:藤澤珠美(劇団無国籍)×脚本:益岡礼智(劇団無国籍)×演出:国久暁(劇団無国籍) [f]「こころ」 出演:本田椋(劇団 短距離男道ミサイル)×脚本・演出:中村大地(屋根裏ハイツ)×原作:夏目漱石 [g]「頬に雨がおちたから」招聘作品from札幌 出演:廣瀬詩映莉(ELEVEN NINES)×脚本・演出:イトウワカナ(intro) 主催 (株)INDEPENDENT 協力 せんだい演劇工房10-BOX チケット取り扱い カルテットオンライン https://www.quartet-online.net/ticket/snd18 メール予約 snd[アットマーク]independent-fes[ドット]com (1)お名前 (2)ご来場日時 (3)チケット種類と枚数 (4)お電話番号 をお伝え下さい。メール予約は当方からの返信をもって予約完了といたします。ご精算は当日受付窓口となります。 ※5/27(土)10:00開始 お問い合わせ INDEPENDENT TEL 090-8532-2280 メール snd[アットマーク]independent-fes[ドット]com Webサイト 公式サイト http://independent-fes.com/ ブログ http://i-theatre.seesaa.net/ Twitter@in_fes https://twitter.com/in_fes 記事のURL http://sencale.com/?p=10224
00:00
劇団新人類人猿 『人や銀河や修羅や海胆は』仙台公演 構成・演出 若山知良 あの瞬間から止まったままの時間 繰り返し蘇る記憶 全てを喪失し、あたかも隔離されたような毎日 様々な境界での葛藤 7年を過ぎてなお泣くことすらできない凍りついた心の修羅が 宮沢賢治の詩と叫びのなかで・・・ 研ぎ澄ませた感覚と極めてゆっくりな身体を軸に作る演劇詩 日程 2018年7月 14日(土) 19:00- 15日(日) 14:00-、 19:00- ※受付は開演の45分前 ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約1時間10分(休憩なし)を予定 ※14日(土)19時公演後にアフタートーク有り  進行:渡部 ギュウ(SENDAI座☆プロジェクト)  ゲスト:野々下 孝(仙台シアターラボ) 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1 料金 前売一般 2,500円、当日一般 3,000円 前売U25 1,500円、当日U25 2,000円 ※全席自由 出演 茶谷幸也 今井淑恵 山下大輔 中川誠 大竹琴子 木村日菜乃 スタッフ 演出 若山 知良 照明 宮向隆 音響 中山聡子 舞監 ta96 舞台 原田明日華 写真 野田啓 チケット取り扱い 劇団新人類人猿 Mail rui.jin.en.info[アットマーク]gmail.com CoRich舞台芸術! https://stage.corich.jp/stage/92007 Webサイト http://www.ne.jp/asahi/shinjin/ruijinen/ 記事のURL http://sencale.com/?p=10266
00:00
劇団子供鉅人 本公演ニューカウントvol.9『真夜中の虹』 脚本 益山貴司、 演出 益山貴司 関西の地方都市。小さな町にはただ、高速道路が伸びているだけ。 そこに住む人々の一夜の物語。悪役専門の俳優シャープ横田はモデルハウススタジオで簡単な再現映像で何テイクも撮り直している。 若年性認知性のタマキを妹に持つサトシはなんとか妹に家族のことを思い出させている。 母の遺産で大きな家に住むエル君は毎週のパジャマパーティーを繰り広げ、隣接する安ホテルでは、万年主任のクボタが不治の病に犯されたフィリピン人ホステスと最後の夜を迎えようとしている……。 高速道路沿いにひたすら自転車をこぎ続ける男が、そんな人々の物語を拾い上げながら、やがて、海へとたどり着く。 水平線に顔を出す太陽。 町の人々はそれぞれの苦悩や喜びを抱えながら、新しい朝を迎える。 ー*ー*ー*ー*ー 2016年の初演時に大好評を博した作品の再演。 劇団初の仙台公演を含む、全国4か所でのツアー公演は 追加キャストによる新エピソードを加え、よりブラッシュアップされた現代のファンタジー。 “詩的な関西弁”で語られる、エネルギッシュな叙情詩劇。 日程 2018年7月 21日(土) 14:00-、 18:00- 22日(日) 14:00- ※受付開始は開演の40分前 ※開場は開演の30分前 ※未就学児童の入場不可 ※学生チケットは入場時に要学生証提示 ※アフタートーク開催予定 会場 せんだい演劇工房10-BOX 料金 前売一般 3,000円、 当日一般 3,000円 学生 2,000円 ※学生チケットは入場時に要学生証提示 出演 益山寛司 影山徹 キキ花香 億なつき ミネユキ 山西竜矢 益山U☆G 古野陽大 うらじぬの 益山貴司 スタッフ 舞台監督 伊藤新(ダミアン) 照明 木内ひとみ、 筆谷亮也 音響 近松祐貴 衣装 田中迅人 スタイリング キキ花香 演出助手 さくらの、 地道元春 美術部 谷口悠 フライヤーデザイン コバヤシタケシ ツールデザイン 河村真由美 WEB ミネユキ フライヤー写真 高木陽春、 佐藤祐紀 映像 佐藤祐紀 制作 倉本真見、 新藤江里子 相談役 呉勇寿 制作協力 boxes inc. 、 橋本理沙(Q’s Link)、 徳永のぞみ、 大村まや 制作部 越慶次郎 大人鉅人 斉藤杏奈、 工藤愁子、 黒川花、 大海愛里、 広垣友里絵      寺岡未央、 井上奈菜、 坂崎 芙美、 道岡潮酉樹、 津野あゆみ      札野享、 水野沙耶、 川畑麻美、 石口さくら、 神谷侑希      加納孝恵、 馬田 佳織、 坂口剛、 野口真利名、 荻野楓子      大迫千聡、 池口茉里、 本津さくら、 鈴木晃尚 主催 劇団子供鉅人、 boxes inc. チケット取り扱い CoRich舞台芸術! http://stage.corich.jp/stage/91978 Webサイト http://www.kodomokyojin.com/ 記事のURL http://sencale.com/?p=10244
00:00
劇団鼠 旗揚げ準備公演 『かいこひめ』 作 亀歩、演出 宿利左紀子 わたしたちは 生きている。 日程 2018年8月 3日(金) 11:00-、 19:00- 4日(土) 11:00-、 16:00- 5日(日) 11:00- 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1 料金 前売一般 2,500円、 高校生以下 1,000円 子育て割(妊娠中~小学校低学年を子育て中の方) 1,500円 ※当日は各500円増し 出演 岩佐絵里 片倉久美子 キサラカツユキ(演劇企画集団LondanPANDA) 横山真 鷲谷浩二 後藤晶斗 亀歩(ダブルキャスト) χ梨ライヒ(ダブルキャスト) スタッフ 松﨑太郎 服部暁典 χ梨ライヒ お問い合わせ 劇団鼠e-mail gekidan[ドット]nezumi[アット]gmail[ドット]com 記事のURL http://sencale.com/?p=10304
00:00
ナイロン100℃ 『睾丸』宮城公演 作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ 日本の演劇シーンの最先端を走り続けるナイロン100℃。 その創立25周年を記念する作品。山中のさびれたアジトに立て籠る組織の不毛な崩壊劇。 1970年代に起きた連合赤軍の内ゲバ事件に材をとる、劇団の未来を問う注目の新作です。 日程 2018年8月4日(土)13:00-、18:00- ※開場は開演の30分前 会場 えずこホール(大ホール) 料金 全席指定 一般  5,000円(当日5,500円) U-24 2,500円(当日3,000円) ※4歳未満入場不可 ※「U-24」は、4歳以上24歳以下が対象のチケット。 当日、身分証明書などのご提示をお願いする場合がございます。 出演 三宅弘城 みのすけ 坂井真紀 赤堀雅秋 スタッフ 作・演出 ケラリーノ・サンドロヴィッチ Webサイト えずこホール 当該公演ページ http://www.ezuko.com/mirukiku/cn65/2018_02.html ナイロン100℃ http://www.sillywalk.com/nylon/ 記事のURL http://sencale.com/?p=10222

※直近の6公演を表示しています。カレンダーはこちら チラシつき一覧はこちら
※直近の8公演を表示しています。カレンダーはこちら チラシつき一覧はこちら
新着情報

仙台演劇カレンダーについて

当サイトは、仙台と宮城県の、小劇場演劇を中心とした舞台芸術の公演情報を集めて掲載しています。
作品と観客の皆さまの間の距離をちょっとだけ縮めるべく、こつこつと更新してまいります。
お出かけ先のご検討などに、ご利用いただければ幸いです。

編集部の紹介掲載について | Eメール info[アットマーク]sencale[ドット]com |

日程表


Twitter情報


実際にご観劇の際は、公式サイト、チラシ等で、日程、時間、場所、料金等をご確認ください。
当サイト上の情報は、チラシや、ネット上の情報をもとに入力していますが、
不足や漏れ等、不備がありましたら
編集部(Twitter@sendai_e_c、 メール info[アットマーク]sencale[ドット]com)
またはご連絡フォームからお知らせ頂けると幸いです。

Pocket