Calendar

1
演劇企画集団LondonPANDA Vol.15 『ほつれる、闇』仙台公演
演劇企画集団LondonPANDA Vol.15 『ほつれる、闇』仙台公演
1月 29 – 2月 2 全日
演劇企画集団LondonPANDA Vol.15 『ほつれる、闇』仙台公演
演劇企画集団LondonPANDA 『ほつれる、闇』仙台公演 作 大河原準介、 演出 大河原準介 あらすじ いつも通りの、何の変哲もない朝 いつもの道路、いつもの交差点で 衝突して何かが激しく割れる音、 その直後、くもり空に悲鳴が響いた。 一件の死傷事故にまつわる人びとから 滲み溢れる闇が絡まりあうリーガル・サスペンス 判決の瞬間、被疑者が小さく嗤った。 日程 2020年 1月29日(水) 19:00- 1月30日(木) 14:00-★、 19:00- 1月31日(金) 19:00- 2月1日(土) 13:00-、 18:00- 2月2日(日) 13:00-★、 18:00- ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約100分を予定 ※未就学児童入場不可 ※★回は託児サービスあり。詳細は公演ウェブサイトをご覧ください。 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1 ※別日程で、東京公演あり 料金 前売一般 3,000円、 前売学生 2,300円 前売U-18 1,000円 予約一般 3,200円、 予約学生 2,500円 予約U-18 1,200円 ※当日券は前売料金から各500円増し。当日券のお客様の客席へのご案内は開演5分前から。 出演 芝原弘(黒色綺譚カナリア派/コマイぬ) 飯沼由和(言言) キサラカツユキ χ梨ライヒ 阿部豪毅 鈴木孝(以上、LondonPANDA) スタッフ 舞台監督 菅原玄哉((有)おむらいすファクトリー)(仙台公演) 照明 神﨑祐輝(劇団 短距離男道ミサイル) 音響 中里広太(ネオ・ノイジズム・オルガナイザーズ) 舞台美術 松浦良樹((有)舞台監督工房) 宣伝美術 荒川敬(BRIGHT.inc) 宣伝写真 堀田祐介(BLOW-UP) 制作補佐 小山内琴星(東京公演) 制作 大河原芙由子(LondonPANDA) 協力 黒色綺譚カナリア派、コマイぬ、言言、劇団鼠、せんだい演劇工房10-BOX、本多企画 後援 河北新報社、仙台放送 助成 (公財)仙台市市民文化事業団 主催 演劇企画集団LondonPANDA チケット取り扱い  前売(事前精算) <Livepocket>  https://t.livepocket.jp/t/hotsureruyami  予約(当日精算)<カンフェティ> https://torioki.confetti-web.com/form/1055  窓口販売 せんだい演劇工房10-BOX(9:00-21:00) Webサイト 劇団ウェブサイト http://londonpanda.net/ 公演特設サイト http://hotsureruyami.mystrikingly.com/ この記事のURL
2
Sendaiアオハルメイト 旗揚げ公演 『ミライ』
Sendaiアオハルメイト 旗揚げ公演 『ミライ』
2月 2 全日
Sendaiアオハルメイト 旗揚げ公演  『ミライ』
Sendaiアオハルメイト 旗揚げ公演 『ミライ』 構成・演出・音響 野々下孝 毎日を過ごしているケンのもとに未来の自分がタイムリープしてきた。未来の世界がどうなっているのかを伝え、今何をすべきなのかアドバイスをするSF青春ストーリー。 日程 2020年2月2日(日) 14:00- ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約80分を予定 会場 仙台市市民活動サポートセンター 市民活動シアター 料金 前売一般 1,800円、 前売学生 1,000円※当日要学生証 当日一般 2,300円、 当日学生 1,500円※当日要学生証 高校生以下前売り・当日 500円 ※当日要学生証 中学生以下無料 出演 野口ひなの 渡邉悠生 宮本一輝 川口朋子 阿部彰大 伊藤汐音 スタッフ 構成・演出・音響 野々下孝 照明 宮本一輝 制作 株式会社ライセンスアカデミー https://licenseacademy.jp 製作 Sendaiアオハルメイト チケット取り扱い 予約フォーム http://481engine.com/rsrv/webform.php?sh=2&d=6fbfba0f27 お問い合わせ ライセンスアカデミー仙台支社 TEL 022-239-1641 MAIL sendai[アットマーク]licenseacademy[ドット]jp この記事のURL
3
4
5
6
7
8
9
Gin’s Bar 色彩シリーズ Act.2 『MAUVE -煙草を吸う さかな-』
Gin’s Bar 色彩シリーズ Act.2 『MAUVE -煙草を吸う さかな-』
2月 15 – 2月 16 全日
Gin’s Bar 色彩シリーズ Act.2 『MAUVE -煙草を吸う さかな-』
Gin’s Bar 色彩シリーズ Act.2 『MAUVE -煙草を吸う さかな-』 劇作・演出 井伏銀太郎、 演出 西澤由美子 ストーリー 仙台、雨の昼下がり、大きな劇場の小さな楽屋 映画主演の条件は禁煙。 ヘビースモーカーの女優の楽屋を 禁煙セラピストが訪れる。二人に与えられた時間は4日間。 女優はたった4日間で禁煙できるか!その特別な方法とは? 薄紫色の煙草のけむりと、薄紫色のハーブティの香りが漂う 仙台発のハートフルコメディー。 MAUVE(モーヴ)は仏蘭西語で「薄紫「」藤色」を表す 日程 2020年 Aチーム 西澤由美子 vs 井伏銀太郎 2月15日(土) 14:00-、 18:00- 2月16日(日) 14:00-、 18:00- Bチーム フラッシュ智恵子 vs 武藤修平 2月22日(土) 14:00-、 18:00- 2月23日(日) 14:00-、 18:00- 2月24日(月) 14:00-、 18:00- Cチーム 春木舞 vs 五浄壇 2月29日(土) 14:00-、 18:00- 3月1日(日) 14:00-、 18:00- ※開場は開演の20分前 ※上演時間は約70分を予定 会場 クォータースタジオ 仙台市青葉区五橋2-9-10アラキビル地下 料金 一般 2,500円 学生 2,000円 (当日300円増し) ビギナー割引 Gin’s Barを初めてご覧になるお客様、または初めてご覧になる方とご一緒のご予約なら500円引き 次世代支援プログラム 高校、大学演劇部、専門学校で演劇を学ぶ学生。今後演劇を学びたい方 無料ご招待 各回先着10名 出演 Aチーム 西澤由美子 vs 井伏銀太郎 Bチーム フラッシュ智恵子 vs 武藤修平 Cチーム 春木舞 vs 五浄壇 スタッフ 劇作・演出 井伏銀太郎 演出 西澤由美子 舞台監督 春木舞 助成 (公財)仙台市市民文化事業団 チケット取り扱い ネット予約 https://ws.formzu.net/fgen/S74207009/ お問い合わせ 090-7522-1414(19時過ぎ) Webサイト Gin’s Barホームページ http://www.ginsbar.com/activity.html この記事のURL
『はなして』『徒然だ』『壊れる水』仙台舞台芸術フォーラム 2011→2021東北 オープニングイベント
『はなして』『徒然だ』『壊れる水』仙台舞台芸術フォーラム 2011→2021東北 オープニングイベント
2月 15 – 2月 16 全日
『はなして』『徒然だ』『壊れる水』仙台舞台芸術フォーラム 2011→2021東北 オープニングイベント
『はなして』『徒然だ』『壊れる水』 仙台舞台芸術フォーラム 2011→2021東北 オープニングイベント 『はなして』作・演出 生田恵 『徒然だ』 作・演出 なかじょうのぶ 『壊れる水』(演劇『祝/言』より) 作・演出 長谷川孝治 東日本大震災後の舞台芸術に焦点を当て、2019年度から3ヵ年にわたり開催する「仙台舞台芸術フォーラム」。そのオープニングとして、東北で活躍する3人の劇作家が、自身が震災後に創り出した戯曲を現在の視点で再編成した作品を上演します。 上演後のトークセッションでは、劇作家がひとりの人間として、震災から今に至る時間の流れの中で、どのように表現と向きあってきたのか、また、今回の上演にはどのような想いを込めたのかを聞き、ご来場の皆さんとの対話の機会としていきたいと考えます。 日程 2020年2月 15日(土) 14:00- 16日(日) 14:00- ※開場は開演の30分前 ※両日とも17:00からトークセッション「劇作家は、震災をどのように受け止めたのか」約60分あり ※途中休憩あり ※『はなして』上演時間 約35分 ※『徒然だ』上演時間 約60分 ※『壊れる水』上演時間 約60分 ※託児あり 要事前申込・1月30日(木)まで。申込先 せんだい演劇工房10-BOX TEL 022-782-7510、 FAX 022-235-8610、 E-mail contact[アットマーク]gekito[ドット]jp 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1(宮城県仙台市若林区卸町2-12-9) 料金 全席自由1,500円(各日とも・日付指定) 演劇『はなして』 作・演出 生田恵(三角フラスコ) *2011年8月初演作品を再構成(上演時間 約35分) 夏に上演する作品の製作中に東日本大震災が起こる。物語る言葉はばらばらになってしまったけれど、記憶と言葉の欠片を繋いだ戯曲と外界との境界線を失った身体で出来上がった『はなして』は物語以前の、土地と風景の記録だった。2011年8月、INDEPENDENT JAPAN TOUR in 仙台において初演。4都市で17ステージ上演。 出演 瀧原弘子(三角フラスコ) 渡辺千賀子(三角フラスコ) 岩佐絵理(SteamTV) 後藤史織 柚彦 前田佳澄 文音 山澤和幸 横山千真 ドラマリーディング『徒然だ』 作・演出 なかじょうのぶ(劇団三ヵ年計画) *2015年9月初演の演劇作品を再構成(上演時間 約60分) 「オレオレ」「ナミオちゃんかい?」「ナミオ?そう俺ナミオ」老婦人が問い返した名前は未だ帰らぬ孫の名前。老婦人に聞いた道を訪ねて行くと墓石の前へ。置き忘れたモノを見つけ、そこに自分を登場させると物語は走りだすと力説する絵画講師。突然に止まった老婦人の時間は徒然な絵本の頁に入り走りだしてゆく。老婦人はナミオの声を聞いたのだ。「頁をめくりますよ」と聞こえたのだ。 出演 東加代子(劇団三ヵ年計画) 海苔のりこ(劇団三ヵ年計画) ヒビカミカ (劇団どんちょうの会) Kイノマタ(劇団三ヵ年計画) なかじょうのぶ(劇団三ヵ年計画) 大前雅信(劇団三ヵ年計画) 絵永けい(石川組) 宿利左紀子(石川組) 片倉久美子(石川組) 演奏 白鳥颯也 ドラマリーディング『壊れる水』 作・演出 長谷川孝治 *2011年10月初演の演劇『祝/言』を再構成(上演時間 約60分)  2011年3月11日午後2時46分。その日、その時刻からの、ある東北の劇作家と彼と一緒に舞台を作ってきた演劇人たちの小さな記録。逝った者と逝かれた者、壊れたモノと壊されたモノを、小説というフィクションを借り、引用というリアルを混入しながら描く。東日本大震災以後とは、失われてしまった「言葉」をもう一度取り返す日々であった。中断された「物語」を再び紡いでいく時間であった。 出演 福村彩乃(青森県立美術館演劇部) 佐々木優(青森県立美術館演劇部) 高橋淳 (弘前劇場) 長谷川孝治(弘前劇場) 映像 串田明緒 写真 高橋淳 スタッフ 舞台監督 菅原玄哉(有限会社おむらいすファクトリー) 照明 髙橋亜希 音響 櫻井楓(有限会社舞台監督工房) 宣伝美術 大宮司勇(idoraphics) 主催 公益財団法人仙台市市民文化事業団/仙台市 平成31年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業(東北復興舞台芸術プロジェクト) チケット取り扱い 仙台市市民文化事業団(日立システムズホール仙台1階)窓口販売 022-276-2110 9:30-19:30休館日を除く 仙台市市民文化事業団[電話予約 022-727-1875 平日9:30-17:00 仙台銀行ホール イズミティ21 022-375-3101 9:30-19:30 […]
東北大学学友会演劇部 卒業公演『消失』
東北大学学友会演劇部 卒業公演『消失』
2月 15 – 2月 23 全日
東北大学学友会演劇部 卒業公演『消失』
東北大学学友会演劇部 卒業公演 『消失』 作 ケラリーノ・サンドロヴィッチ、 演出 竹内新 また宇宙の話をしようね、一晩中。 日程 2020年2月 15(土) 16:00- 16(日) 16:00- 17(月) 18:30- 18(火) 休演日 19(水) 18:30- 20(木) 18:30- 21(金) 休演日 22(土) 12:00-、 18:30- 23(日) 16:00- ※開場は開演の30分前 ※上演時間は180分を予定(休憩含む) 会場 東北大学川内北キャンパス 川内ホール104号室 料金 無料(カンパ制) 出演 吉田広人 瀬川鮎 寺島舟 飯塚文哉 千葉かれん 仲谷絹 スタッフ 作 ケラリーノ・サンドロヴィッチ 演出 竹内新 舞台監督 仲谷絹 制作 星裕菜、内野真子、堀米尚登、徳橋香菜、松下愛、江田雄紀、田中ふき、岡田詩織 宣伝美術 安田和弘、三浦海陽、高橋侑、河原花歩 音響 安田和弘、日下雄太、奈良亮祐、平井莉奈、一戸晃、田中完 照明 寺島舟、森澤克暁、大畠陽斗、小林峻也、千葉かれん 装置 吉田広人、廣瀨雄一、細谷勇介、飯塚文哉、パン、瀬川鮎、千葉真奈香、河原花歩、サミー西浦、蘇邵卿 小道具 打越潤平、佐々木彩佳、磯崎良、野村陽奈子、田村佳子、佐々木麻美、島田研悟 衣装 齋藤芽衣、森澤克暁、高橋侑、加藤寿成、岡村沙織、岡田詩織、冨田春花 チケット取り扱い https://stage.corich.jp/stage_main/84764 お問い合わせ Eメール shoushitsu19 [アットマーク] gmail [ドット] com Webサイト Twitter @Tonpei_drama https://twitter.com/Tonpei_drama Facebookページ https://fb.com/tonpei.drama http://tohokuudrama.kitunebi.com/ この記事のURL
東北学院大学演劇部 卒業公演 『止まらない子供たちが轢かれてゆく』
東北学院大学演劇部 卒業公演 『止まらない子供たちが轢かれてゆく』
2月 15 – 2月 17 全日
東北学院大学演劇部 卒業公演 『止まらない子供たちが轢かれてゆく』
東北学院大学演劇部 卒業公演 『止まらない子供たちが轢かれてゆく』 作 綾門優季(青年団リンク キュイ)、 演出 横澤のぶ 日程 2020年2月 15日(土) 11:00- 15:00- 16日(日) 12:00- 15:30- 17日(月) 13:00- ※開場は開演の15分前 ※上演時間は約90分を予定(途中休憩なし) ※開場時間の15分間にもパフォーマンスを行います。お時間にゆとりのある方は是非ご覧ください。 会場 東北学院大学 泉キャンパス コミュニティセンター2階 多目的ホール 〒981-3105 宮城県仙台市泉区天神沢2丁目1-1 料金 無料 出演 アキヤマヒロキ 中村康平 阿部佳希 安齋琴恵 渡辺瑞生 でんでんでるた 嶺岸祐菜 スタッフ 舞台監督 安齋琴恵 舞台監督補佐 菊地壮 作 綾門優季(青年団リンク キュイ) 演出 横澤のぶ 演出助手 神山敬友 音響 金田拓真、鈴木奏来、伊藤尚宏 照明 三浦菜央、小田桐朱音、嶺岸祐菜 舞台美術 久米井遥 大道具 遠藤聖弥、アキヤマヒロキ、大槻匡紀、相澤春花 小道具 大槻匡紀、鈴木奏来、でんでんでるた、宮野由樹 衣装メイク 小池和香、鈴木颯太 制作 安齋琴恵、石垣瞳、中村康平、相澤春花 制作補佐 蜂谷茉美 宣伝美術・映像 玉手映里佳、堤亜美 経理 阿部佳希 チケット取り扱い CoRich舞台芸術! https://ticket.corich.jp/apply/105133/ Webサイト Twitter @tgu_dc https://twitter.com/tgu_dc アメブロ https://zmeblo.jp/tgu-engeki/ この記事のURL
SENDAI座☆プロジェクト2020冬 『タルタロスの足湯-みちのく温泉郷物語-』仙台公演
SENDAI座☆プロジェクト2020冬 『タルタロスの足湯-みちのく温泉郷物語-』仙台公演
2月 20 – 2月 23 全日
SENDAI座☆プロジェクト2020冬   『タルタロスの足湯-みちのく温泉郷物語-』仙台公演
SENDAI座☆プロジェクト2020冬 『タルタロスの足湯-みちのく温泉郷物語-』仙台公演 作 クマガイコウキ、 演出 渡部ギュウ 湯治、買収、選挙、歌謡ショー、そして海から来た女。 人の旅とお湯の旅が、この温泉郷で出会う。 さあ、パンツを捨てよ 湯に入ろう! 日程 2020年2月 20日(木)19:00- 21日(金) 14:00-、 19:00- 22日(土)14:00-、 19:00- 23日(日)14:00- ※開演の45分前から受付開始。開場は30分前。 ※未就学児童の入場はご遠慮ください。 会場 エル・パーク仙台 ギャラリーホール ※別日程で、東京、川西公演あり 料金 一般 前売 3,500円、 当日 4,000円 24才以下 前売 2,000円、 当日 2,500円 65才以上 前売 3,000円、 当日 3,500円 ※65才以上または24才以下の方は、来場日にて年齢証明できるもの(運転免許証・学生証など)をご提示願います。 出演 樋渡宏嗣 渡部ギュウ 戸石みつる 野々下孝 松崎太郎 佐々木久美子 永澤真美 佐藤舞子 千葉里子 石龍 恵 菅原 亮 豊田紗綾   スタッフ 作 クマガイコウキ 演出 渡部ギュウ 舞台美術 高橋舞  衣装 及川恵 舞台監督 渡邊英夫(猫侍) 照明 松崎太郎(アトリエミセイ)  音響 本儀拓(キーウィ サウンドワークス) 情宣デザイン 前田成貴 舞台製作 (株)FACTORY K 広報宣伝 SENDAI座☆オフィス  制作 YONEZAWA GYU OFFICE 主催 一般社団法人SENDAI座プロジェクト チケット取り扱い チケットぴあ TEL 0570-02-9999 Pコード:498807 ローソンチケット TEL 0570-084-005 Lコード:22383 藤崎プレイガイド せんだい演劇工房10-BOX お問い合わせ SENDAI座☆オフィス直通 090-3006-1004 FAX 022-399-8057 Mail info[アットマーク]sendaiza[ドット]jp Webサイト http://sendaiza.jp この記事のURL
アンドロイド演劇『さようなら』仙台公演
アンドロイド演劇『さようなら』仙台公演
2月 22 – 2月 23 全日
アンドロイド演劇『さようなら』仙台公演
浜通り舞台芸術祭2020 プレ企画 青年団+東京藝術大学+大阪大学ロボット演劇プロジェクト アンドロイド演劇『さようなら』仙台公演 作・演出 平田オリザ、 テクニカルアドバイザー 石黒 浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究室)、 ロボット技術 力石武信・猪狩大輔(東京藝術大学 COI拠点) はじめに 劇団「青年団」を主宰し「現代口語演劇理論」に基づく緻密な劇世界を作り出す劇作家・演出家の平田オリザと、自身を精密にコピーしたロボット「ジェミノイド」で知られるロボット研究の第一人者の石黒浩により、大阪大学で始まったロボット演劇プロジェクト。世界的に活躍する2人の才能がタッグを組み完成したアンドロイド演劇『さようなら』は、アンドロイドと人間の関わりの中に、「人間にとって、ロボットにとって、生とは、そして死とは…」を鋭く問う衝撃の短編作品。 もしアンドロイドが人間よりも人間らしいと感じた時、人間とは一体どんな存在なのだろう? 演劇と科学の融合の臨界点を示す、衝撃の“実験”作品が初の仙台上演を行う。 なお、本公演は「浜通り舞台芸術祭2020」のプレ企画として上演され、公演後には作・演出の平田オリザと浜通り舞台芸術祭のプログラムディレクター 柳美里によるアフタートークを開催する。 あらすじ 死を目前にした人間に、ただ詩を読み続けるアンドロイドと、一人の少女の物語。 谷川俊太郎、ランボー、若山牧水などの詩を、アンドロイドが淡々と読み続ける中で、人間とロボットの、まったく新しい関係が示される。 その少女の死後、行き場を失った“彼女” を待ち受ける運命とは……。 浜通り舞台芸術祭 2020 年夏に、福島県浜通りエリア(新地町⇆いわき市の13 市町村+東京& 宮城)で開催を予定している舞台芸術祭。演劇を中心とした、音楽、落語、映画、サロンなどを実施。地域を題材に地元でクリエーションされた作品の上演も行う。常磐線沿いの人と町と文化を、福島と世界を- 線- で繋ぐアートフェスティバル。 日程 2020年2月 22日(土) 18:00- 23日(日) 14:00- ※各回でアフタートーク(平田オリザ×柳美里)を実施 ※開場は開演の20分前 ※総上演時間は60分(アンドロイド演劇「さようなら」25分+アフタートーク35分)を予定 会場 宮城野区文化センター パトナシアター(〒983-0842 仙台市宮城野区五輪2-12-70 TEL 022-257-1213) 料金 一般3,000円 高校生以下1,000円 当日券500円増 ※日時指定 座席指定 税込 ※2020年 1月 18日(土) 12:00発売 出演 藝大オリジナルアンドロイド 菊池佳南 島田曜蔵 アンドロイドの動き・声 井上三奈子 スタッフ 作・演出 平田オリザ テクニカルアドバイザー 石黒 浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究室) ロボット技術 力石武信・猪狩大輔(東京藝術大学 COI拠点) 舞台美術 杉山至 照明 井坂浩 衣裳 正金彩 舞台監督 中西隆雄 制作 赤刎千久子 宣材撮影 三浦雨林 企画制作 青年団 (有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場 主催 浜通り舞台芸術祭実行委員会 共催 boxes Inc. 助成 公益財団法人 仙台市市民文化事業団 音響協力 富士通テン株式会社 協力 東京藝術大学COI拠点 チケット取り扱い LivePocket http://t.livepocket.jp/t/aht_sayonara_snd 電話予約 022-353-9755(12:00~19:00 当日受付精算。手数料[300円]がかかります。) ※会場受付(電話予約/当日券)でPayPayをご利用いただけます。 Webサイト Twitter@boxesInc https://twitter.com/boxesInc この記事のURL
みんなのしるし 合同会社 『ミュージカル「シシ」こころしずかに遊べ我が連れ』仙台プレイアウト公演
みんなのしるし 合同会社 『ミュージカル「シシ」こころしずかに遊べ我が連れ』仙台プレイアウト公演
2月 28 – 3月 1 全日
みんなのしるし 合同会社 『ミュージカル「シシ」こころしずかに遊べ我が連れ』仙台プレイアウト公演
みんなのしるし 合同会社 『ミュージカル「シシ」こころしずかに遊べ我が連れ』仙台プレイアウト公演 作 黒川陽子、矢戸優太郎、 演出 横山真 シシオドリ発祥の地、と言われている三陸の伝承を元にした爽快なサバイバルコメディー。 万葉集EDMあり!伊達商人ヒップホップあり!漁民ラテンロックあり!の東北発エンターテイメント。 日程 2020年2月 28日(金) 20:00- 29日(土) ②14:00-、 ③19:00- 3月1日(日) ④14:00- ※開場は開演30分前 ※③アフタートークあり ※②④は未就学児童の入場可(お子さまが椅子を占有する場合にはチケットが必要です) 併催 アジア 神々の系譜 事業作品 いのちてんでんこ映像ショーイング (岩手県発作品) FUKUSHIMA VOICE ー未来を祀るー (福島県発作品) 詩人・和合亮一 (②③のみ) 会場 誰も知らない劇場 〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2丁目5-10 桜井薬局ビル3F 料金 前売3,300円、当日3,800円(1ドリンク制 ) ※1ドリンク制 ※全席自由   ※英語字幕席あり。要mail予約。 出演 芝原弘(黒色綺譚カナリア派/コマイぬ) 本田椋(劇団 短距離男道ミサイル) 松崎太郎 渋谷裕子 大橋奈央 長谷野勇希 佐藤隆太(シア・トリエ) JANS(Rapper) 大部仁(笛・GTR) スタッフ 作 黒川陽子、矢戸優太郎 演出 横山真 振付 磯島未来、渋谷裕子 音楽 福田真一朗 美術・衣装 ボタルヤ 獅子頭製作 佐々木淳一 鹿頭装束 さとうみち代 舞台監督 菅原玄哉 照明 神﨑祐輝 音響 本儀拓 広報・映像 佐藤 典之 字幕制作 湯浅文音、横関木蘭 宣材写真 平井慶祐 題字 浅野敬志 デザイン 三澤一弥 制作・演出補 都甲マリ子 ドラマターグ 田中圭介 協力 櫻井育子 (TANE) プロデューサー 前川十之朗 主催 文化庁、みんなのしるし合同会社 文化庁委託事業「2019年度戦略的芸術文化創造推進事業」 アジア神々の系譜 Encounter of the Asian spirits ~All folks gather one~ チケット取り扱い チケットぴあ 電話予約 0570-02-9999(Pコード:499-603) せんだい演劇工房10-BOX (〒984-0015 宮城県仙台市若林区卸町2丁目12-9) book cafe 火星の庭 (〒980-0014 仙台市青葉区本町1丁目14-30 1F) IRORI 石巻 (〒986-0822 石巻市中央2丁目10-2 1F) お問い合わせ i[アットマーク]minnnanos[アットマーク]com Webサイト http://shishi.inochi.xyz/index.html この記事のURL