Calendar

1
2
3
野外劇団 楽市楽座 『うたうように』2021年仙台公演
野外劇団 楽市楽座 『うたうように』2021年仙台公演
7月 3 – 7月 5 終日
野外劇団 楽市楽座  『うたうように』2021年仙台公演
野外劇団 楽市楽座 『うたうように』2021年仙台公演 作・演出 長山現 一家四人、投げ銭の野外劇で全国旅する野外劇団です。 新作「うたうように」は、この世界がどない始まったんかいう、大昔話。 遠い遠い大昔、闇も光もない中で、「うた」だけが響いておったそうな。 そのうたを聞こうと集まった闇が石になり、残った光が火になった。 二匹ともどっか年寄りくさかったが、そこに水と風がやってきて…。 バカバカしくも、心暖まる、ふしぎな現代神楽劇。 日程 2021年7月 3日(土) 19:00- 4日(日) 19:00- 5日(月) 19:00- ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約90分を予定 会場 錦町公園 ※別日程で、八戸、札幌、帯広、秋田、東京、大阪、他公演あり 料金 入場無料 投げ銭 出演 長山現 佐野キリコ 萌 佑之助 まったり〜ずルーアプカシUPOPO(アイヌ民謡)★3日ゲスト 櫻井(パーカッション)&Dunya(ベリーダンス)★4日ゲスト ロスミドotafuku楽団(南米音楽とオリジナルミックス)★5日ゲスト スタッフ スタッフなしの生演奏 主催 協力:楽市楽座仙台公演実行委員会 Webサイト http://yagai-rakuichi.main.jp/index.htm この記事のURL
4
5
6
7
8
9
KENTARO KUJIRAIコンペイトウ主催 鯨井謙太郒 新作独舞公演 『GINGAN ARAHABAKI 銀眼荒覇吐』仙台公演
KENTARO KUJIRAIコンペイトウ主催 鯨井謙太郒 新作独舞公演 『GINGAN ARAHABAKI 銀眼荒覇吐』仙台公演
7月 9 – 7月 11 終日
KENTARO KUJIRAIコンペイトウ主催 鯨井謙太郒 新作独舞公演 『GINGAN ARAHABAKI 銀眼荒覇吐』仙台公演
KENTARO KUJIRAIコンペイトウ主催 鯨井謙太郒 新作独舞公演 『GINGAN ARAHABAKI 銀眼荒覇吐』仙台公演 構成・演出・振付・出演 鯨井謙太郒 《5年ぶりのソロ、陸奥身体の新生》 日程 2021年7月 9日(金) 19:30- 10日(土) 15:00- 11日(日) 15:00- ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約60分を予定 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1 ※別日程で、東京公演あり 料金 前売一般 3,000円、 当日一般 3,500円 U-25料金2,000円 出演 鯨井謙太郒 音楽 FUJI|||||||||||TA 空間構成 TOJU スタッフ 舞台監督 程川恵美子 舞台美術 C.R.O.W design lab. 照明 吉田一弥 音響 中里広太 記録撮影 富田真人 宣伝美術 C.R.O.W design lab. 衣裳 KMRii 制作 mondenkind 制作協力 月のピトゥリ zeropoint 助成 公益財団法人仙台市市民文化事業団 後援 河北新報社 関連企画 鯨井謙太郒「声」と「身体」のワークショップ 〜『鏡像陸奥新生詩篇』を踊る〜 日時 2021年7月12日(月)19:00~21:00 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-3 参加費 2,500円 お申し込み・お問い合わせ gingan.arahabaki[アットマーク]gmail[ドット]com *対象:18歳以上の方。身体や声に興味のある方。ダンス経験不問。 *定員(8名)に達し次第締め切らせていただきます。 *感染症対策へのご協力をお願い致します。 PV公開中 http://youtu.be/58V3kHVezqc Direction|富田真人 ご予約・お問い合わせ gingan.arahabaki[アットマーク]gmail[ドット]com Webサイト http://kujiraikentaro.com/news/ Twitter@KENTAROKUJIRAI https://mobile.twitter.com/kentarokujirai Instagram@kentarokujira https://www.instagram.com/kentarokujirai/ 富田真人監督による「GINGAN ARAHABAKI 銀眼荒覇吐 Short Image Film 陸奥仙台」を随時アップ この記事のURL
10
11
12
13
14
15
劇団 東京夜光 『奇跡を待つ人々』仙台公演
劇団 東京夜光 『奇跡を待つ人々』仙台公演
7月 15 – 7月 18 終日
劇団 東京夜光 『奇跡を待つ人々』仙台公演
劇団 東京夜光 『奇跡を待つ人々』仙台公演 作・演出 川名幸宏 ―絶望の淵は、なんて穏やかな居場所。 2020年、夏。 コロナ禍を背景に、ある演劇青年と彼を取り巻く世界を描き、 “少し”話題をさらった作品『BLACK OUT』から一年。 次に東京夜光が描くのは、「何年後か、未来の、ある女の一室。」 「いつからだろう、この部屋を出ていない」 遠い未来、絶対安全都市。 想像の全てが叶うこのヴァーチャル世界で、 静かに眠り続けるひとりの女。 安定、安全、安心、永遠、不老不死。 ある日、過去から男が迷い込んでくる。 そして、あまりにも不確かな生きる意味を探しはじめる。 日程 2021年7月 15日(木)19:00- 16日(金)19:00- 17日(土)14:00-、 18:00- 18日(日)14:00- ※未就学児童の入場は不可 ※車椅子でのご来場は事前にお問い合わせを ※開演後の入場は、指定席への案内が出来ない場合あり ※新型コロナウイルス感染症に関する対策と公演に関するお知らせを公式HPにて発表中。ご来場の前に、ご一読のこと。 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1 ※別日程で東京公演あり 料金 全席指定・税込 一般 3,500円 学生 2,500円 出演 丸山港都 草野峻平 笹本志穂 (以上、劇団東京夜光) 本田椋(劇団 短距離男道ミサイル) スタッフ 作・演出 川名幸宏 音楽 森 優太 美術 小野まりの 照明 神﨑祐輝 音響 中村光彩 舞台監督 浦本佳亮 荒木美優 宣伝美術 平崎絵理 WEB製作 千葉麻美 収録・編集 川名正人 運営 丸山 立 鶴飼奈津美 制作 脇坂兵吾 笹岡征矢 制作統括 藤井良一 協力 劇団 短距離男道ミサイル 至福団 SCARLET LABEL 懸樋プロダクション 劇団民藝 助成 (公財)アサヒグループ芸術文化財団 制作協力 ゴーチ・ブラザーズ 主催 劇団東京夜光 チケット取り扱い ローソンチケット https://l-tike.com/play/tokyoyako/ チケット一般発売 2021年6月19日(土)10:00 お問い合わせ ゴーチ・ブラザーズ 03-6809-7125(平日10時〜18時) Webサイト https://www.tokyoyako.com/ Twitter@tokyoyako https://twitter.com/tokyoyako この記事のURL
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
最強の一人芝居フェスティバル 『INDEPENDENT:4SS / JAPAN TOUR』仙台公演
最強の一人芝居フェスティバル 『INDEPENDENT:4SS / JAPAN TOUR』仙台公演
7月 29 – 8月 1 終日
最強の一人芝居フェスティバル 『INDEPENDENT:4SS / JAPAN TOUR』仙台公演
最強の一人芝居フェスティバル フォースシーズンセレクション/ジャパンツアー 『INDEPENDENT:4SS / JAPAN TOUR』仙台公演 「最強の一人芝居フェス、その歩みは止まらない。」 コンセプチュアルな劇場プロデュース作品とアグレッシブな活動で全国から注目を集める大阪インディペンデントシアターを拠点に、2001年から継続開催されている「最強の一人芝居フェスティバル=INDEPENDENT」。 俳優と脚本家演出家が、様々なジャンル・表現手法のソロアクトで競演する唯一無二のフェスティバルは、これまでフェス全体で500作品以上が上演され、多くの観客と創り手を魅了してきた。2012年からは地域主体の地域版も開始し、一人芝居を通じた全国的な交流を展開。2018年からは海外演劇フェスに参加して念願の海外展開も開始。コロナ禍の続く中でも5年に一度の約束を守るべく感染防止対策を徹底してその歩みを止めない!! 2016~2020年に上演された200作品以上から厳選された珠玉の10作品で、この夏一人芝居の熱い競演が全国を駆け抜ける! 仙台公演ではそのうち4作品と東北製作の2作品を上演。ご期待ください! 日程 2021年 7月29日(木) 19:00-[ d j m2 ] 7月30日(金) 19:00-[ g m1 b ] 7月31日(土) 13:00-[ m2 d j ]、 15:30-[ b g m1 ] 8月1日(日) 13:00-[ m1 b g ]、 15:30-[ j m2 d ] ※1本約30分の作品を各ブロック3本上演。各作品間は転換と換気を実施。 ※土日のブロック間は、約1時間のインターバルあり。劇場内やウッドデッキで過ごせる。劇場を出て再入場することも可能。 ※上記は各ブロックの開演時間。各日の初回のみ開演45分前受付開始、30分前開場。以降はいつでも入場可能。ただし作品上演中は安全と感染防止対策の為、途中入場不可。 上演作品 [b]『YAKISOBA』 出演 石畑達哉(匿名劇壇)×脚本・演出:樋口ミユ(Plant M) 2020年初演/本拠地 大阪 [d]『ずんだクエスト』 出演 菊池佳南(青年団 / うさぎストライプ) × 脚本・演出 山田百次(ホエイ / 劇団野の上) 2018年初演/本拠地 仙台 with 東京 [g]『そのころ』 出演 葉山太司(飛ぶ劇場) × 脚本・演出 大迫旭洋(不思議少年) 2016年初演/本拠地 福岡 with 熊本 [j]『プシュケ』 出演 和田雄太郎 × 脚本・演出 勝山修平(彗星マジック) 2017年初演/本拠地 大阪 [m1]『アンガの日記』 出演・脚本 Χ梨ライヒ(劇団16%) × 脚本・演出 渡辺陽(劇団16% ) 2021年新作/本拠地 仙台 [m2]『はなして』 出演 瀧原弘子(三角フラスコ) × 脚本・演出 生田恵(三角フラスコ) 2011年初演/本拠地 仙台 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1 料金 1日通し券[当日指定席]予約3,000円 当日3,500円 木金通し券[当日指定席]予約2,500円 当日3,000円 学生通し券[当日指定席]予約2,000円 ・チケット1枚で終日全作品が観劇可能。(木金通し券は木金の2日間で全作品が観劇可能。) ・学生券は枚数限定、事前予約のみだが、木金・土・日いずれかで全作品を観劇可能。(当日窓口で要学生証) ・一つのブロックしか観劇しない場合は、予約時にご覧になるブロックを連絡のこと。 ※新型コロナウイルス感染拡大への対策状況に合わせて50%~100%の間で客席数が増減する可能性あり。 ※公式パンフレット(フルカラー24ページ・通常販売価格500円)プレゼントあり。チケットを7/25(日)24:00までに予約の場合。 新型コロナウィルス感染防止について 本公演は、作品製作段階から劇場での公演にいたるまで新型コロナウィルス感染防止の対策を講じた上で開催いたしますが、ご来場頂くお客様にお願い、ご協力頂きたい対策もございます。感染防止に努め、お客様相互の安心や企画の安全な遂行のためにご協力をお願いいたします。 ・劇場入館時に、入口の消毒用アルコールで手指を消毒して頂き、検温にご協力ください。 ・37.5℃以上の発熱や咳、喉の痛みなど体調不良のある方は入館をお断りさせて頂きます。 ・呼吸困難、倦怠感、鼻汁・鼻閉、味覚・嗅覚障害、眼の痛みや結膜の充血、頭痛・関節・筋肉痛、下痢、嘔気などの症状がある方はご来場をお控えください。 ・また、ご自身の健康に問題が無い場合も、高齢者や基礎疾患のある方とご同居されている場合などは、感染リスクを冷静にご検討下さい。 ・新型コロナウイルス感染症陽性とされた人との濃厚接触がある方や、過去2週間以内に感染の拡大している国や地域へ訪問している方は、ご入館頂けません。 ・ご予約時にお客様のご連絡先をおうかがいいたします。お聞きした情報は必要に応じて保健所等の公的機関に提供される場合がございます。(情報は適切に保存し、公演終了後一定の期間で破棄させて頂きます。) ・劇場への入館、受付時や会場内では、他のお客様との距離を十分に保ってください。 ・劇場内では原則、常時マスクを着用してください。お忘れの際は係員にご相談ください。 ・劇場内での会話はなるべくお控えください。 ・厚労省接触確認アプリCOCOAなどに登録し、接触確認と自衛をお願いいたします。 ・ご入場時やご退場時には、密を避けるため係員の指示にご協力をお願いします。 ・出演者やスタッフとのご面会は禁止させていただいております。 ・当日受付では出演者への差し入れをお預かりできません。 ■劇場の対策やガイドラインもご確認下さい。 → https://www.gekito.jp/?pg=1595928154 スタッフ 舞台監督 武吉浩二(campana) 照明 溝渕功(campana) 音響 須川忠俊(ALTERNAIT) […]
30
31