Calendar

1
2
3
4
5
6
7
8
9
『はなして』『徒然だ』『壊れる水』仙台舞台芸術フォーラム 2011→2021東北 オープニングイベント
『はなして』『徒然だ』『壊れる水』仙台舞台芸術フォーラム 2011→2021東北 オープニングイベント
2月 15 – 2月 16 全日
『はなして』『徒然だ』『壊れる水』仙台舞台芸術フォーラム 2011→2021東北 オープニングイベント
『はなして』『徒然だ』『壊れる水』 仙台舞台芸術フォーラム 2011→2021東北 オープニングイベント 『はなして』作・演出 生田恵 『徒然だ』 作・演出 なかじょうのぶ 『壊れる水』(演劇『祝/言』より) 作・演出 長谷川孝治 東日本大震災後の舞台芸術に焦点を当て、2019年度から3ヵ年にわたり開催する「仙台舞台芸術フォーラム」。そのオープニングとして、東北で活躍する3人の劇作家が、自身が震災後に創り出した戯曲を現在の視点で再編成した作品を上演します。 上演後のトークセッションでは、劇作家がひとりの人間として、震災から今に至る時間の流れの中で、どのように表現と向きあってきたのか、また、今回の上演にはどのような想いを込めたのかを聞き、ご来場の皆さんとの対話の機会としていきたいと考えます。 日程 2020年2月 15日(土) 14:00- 16日(日) 14:00- ※開場は開演の30分前 ※両日とも17:00からトークセッション「劇作家は、震災をどのように受け止めたのか」約60分あり ※途中休憩あり ※『はなして』上演時間 約35分 ※『徒然だ』上演時間 約60分 ※『壊れる水』上演時間 約60分 ※託児あり 要事前申込・1月30日(木)まで。申込先 せんだい演劇工房10-BOX TEL 022-782-7510、 FAX 022-235-8610、 E-mail contact[アットマーク]gekito[ドット]jp 会場 せんだい演劇工房10-BOX box-1(宮城県仙台市若林区卸町2-12-9) 料金 全席自由1,500円(各日とも・日付指定) 演劇『はなして』 作・演出 生田恵(三角フラスコ) *2011年8月初演作品を再構成(上演時間 約35分) 夏に上演する作品の製作中に東日本大震災が起こる。物語る言葉はばらばらになってしまったけれど、記憶と言葉の欠片を繋いだ戯曲と外界との境界線を失った身体で出来上がった『はなして』は物語以前の、土地と風景の記録だった。2011年8月、INDEPENDENT JAPAN TOUR in 仙台において初演。4都市で17ステージ上演。 出演 瀧原弘子(三角フラスコ) 渡辺千賀子(三角フラスコ) 岩佐絵理(SteamTV) 後藤史織 柚彦 前田佳澄 文音 山澤和幸 横山千真 ドラマリーディング『徒然だ』 作・演出 なかじょうのぶ(劇団三ヵ年計画) *2015年9月初演の演劇作品を再構成(上演時間 約60分) 「オレオレ」「ナミオちゃんかい?」「ナミオ?そう俺ナミオ」老婦人が問い返した名前は未だ帰らぬ孫の名前。老婦人に聞いた道を訪ねて行くと墓石の前へ。置き忘れたモノを見つけ、そこに自分を登場させると物語は走りだすと力説する絵画講師。突然に止まった老婦人の時間は徒然な絵本の頁に入り走りだしてゆく。老婦人はナミオの声を聞いたのだ。「頁をめくりますよ」と聞こえたのだ。 出演 東加代子(劇団三ヵ年計画) 海苔のりこ(劇団三ヵ年計画) ヒビカミカ (劇団どんちょうの会) Kイノマタ(劇団三ヵ年計画) なかじょうのぶ(劇団三ヵ年計画) 大前雅信(劇団三ヵ年計画) 絵永けい(石川組) 宿利左紀子(石川組) 片倉久美子(石川組) 演奏 白鳥颯也 ドラマリーディング『壊れる水』 作・演出 長谷川孝治 *2011年10月初演の演劇『祝/言』を再構成(上演時間 約60分)  2011年3月11日午後2時46分。その日、その時刻からの、ある東北の劇作家と彼と一緒に舞台を作ってきた演劇人たちの小さな記録。逝った者と逝かれた者、壊れたモノと壊されたモノを、小説というフィクションを借り、引用というリアルを混入しながら描く。東日本大震災以後とは、失われてしまった「言葉」をもう一度取り返す日々であった。中断された「物語」を再び紡いでいく時間であった。 出演 福村彩乃(青森県立美術館演劇部) 佐々木優(青森県立美術館演劇部) 高橋淳 (弘前劇場) 長谷川孝治(弘前劇場) 映像 串田明緒 写真 高橋淳 スタッフ 舞台監督 菅原玄哉(有限会社おむらいすファクトリー) 照明 髙橋亜希 音響 櫻井楓(有限会社舞台監督工房) 宣伝美術 大宮司勇(idoraphics) 主催 公益財団法人仙台市市民文化事業団/仙台市 平成31年度文化庁文化芸術創造拠点形成事業(東北復興舞台芸術プロジェクト) チケット取り扱い 仙台市市民文化事業団(日立システムズホール仙台1階)窓口販売 022-276-2110 9:30-19:30休館日を除く 仙台市市民文化事業団[電話予約 022-727-1875 平日9:30-17:00 仙台銀行ホール イズミティ21 022-375-3101 9:30-19:30 […]
アンドロイド演劇『さようなら』仙台公演
アンドロイド演劇『さようなら』仙台公演
2月 22 – 2月 23 全日
アンドロイド演劇『さようなら』仙台公演
浜通り舞台芸術祭2020 プレ企画 青年団+東京藝術大学+大阪大学ロボット演劇プロジェクト アンドロイド演劇『さようなら』仙台公演 作・演出 平田オリザ、 テクニカルアドバイザー 石黒 浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究室)、 ロボット技術 力石武信・猪狩大輔(東京藝術大学 COI拠点) はじめに 劇団「青年団」を主宰し「現代口語演劇理論」に基づく緻密な劇世界を作り出す劇作家・演出家の平田オリザと、自身を精密にコピーしたロボット「ジェミノイド」で知られるロボット研究の第一人者の石黒浩により、大阪大学で始まったロボット演劇プロジェクト。世界的に活躍する2人の才能がタッグを組み完成したアンドロイド演劇『さようなら』は、アンドロイドと人間の関わりの中に、「人間にとって、ロボットにとって、生とは、そして死とは…」を鋭く問う衝撃の短編作品。 もしアンドロイドが人間よりも人間らしいと感じた時、人間とは一体どんな存在なのだろう? 演劇と科学の融合の臨界点を示す、衝撃の“実験”作品が初の仙台上演を行う。 なお、本公演は「浜通り舞台芸術祭2020」のプレ企画として上演され、公演後には作・演出の平田オリザと浜通り舞台芸術祭のプログラムディレクター 柳美里によるアフタートークを開催する。 あらすじ 死を目前にした人間に、ただ詩を読み続けるアンドロイドと、一人の少女の物語。 谷川俊太郎、ランボー、若山牧水などの詩を、アンドロイドが淡々と読み続ける中で、人間とロボットの、まったく新しい関係が示される。 その少女の死後、行き場を失った“彼女” を待ち受ける運命とは……。 浜通り舞台芸術祭 2020 年夏に、福島県浜通りエリア(新地町⇆いわき市の13 市町村+東京& 宮城)で開催を予定している舞台芸術祭。演劇を中心とした、音楽、落語、映画、サロンなどを実施。地域を題材に地元でクリエーションされた作品の上演も行う。常磐線沿いの人と町と文化を、福島と世界を- 線- で繋ぐアートフェスティバル。 日程 2020年2月 22日(土) 18:00- 23日(日) 14:00- ※各回でアフタートーク(平田オリザ×柳美里)を実施 ※開場は開演の20分前 ※総上演時間は60分(アンドロイド演劇「さようなら」25分+アフタートーク35分)を予定 会場 宮城野区文化センター パトナシアター(〒983-0842 仙台市宮城野区五輪2-12-70 TEL 022-257-1213) 料金 一般3,000円 高校生以下1,000円 当日券500円増 ※日時指定 座席指定 税込 ※2020年 1月 18日(土) 12:00発売 出演 藝大オリジナルアンドロイド 菊池佳南 島田曜蔵 アンドロイドの動き・声 井上三奈子 スタッフ 作・演出 平田オリザ テクニカルアドバイザー 石黒 浩(大阪大学&ATR石黒浩特別研究室) ロボット技術 力石武信・猪狩大輔(東京藝術大学 COI拠点) 舞台美術 杉山至 照明 井坂浩 衣裳 正金彩 舞台監督 中西隆雄 制作 赤刎千久子 宣材撮影 三浦雨林 企画制作 青年団 (有)アゴラ企画・こまばアゴラ劇場 主催 浜通り舞台芸術祭実行委員会 共催 boxes Inc. 助成 公益財団法人 仙台市市民文化事業団 音響協力 富士通テン株式会社 協力 東京藝術大学COI拠点 チケット取り扱い LivePocket http://t.livepocket.jp/t/aht_sayonara_snd 電話予約 022-353-9755(12:00~19:00 当日受付精算。手数料[300円]がかかります。) ※会場受付(電話予約/当日券)でPayPayをご利用いただけます。 Webサイト Twitter@boxesInc https://twitter.com/boxesInc この記事のURL