Calendar

1
2
3
東北えびすプロデュース公演2022『リア王~KING LEAR~』
東北えびすプロデュース公演2022『リア王~KING LEAR~』
8月 3 – 8月 7 終日
東北えびすプロデュース公演2022『リア王~KING LEAR~』
東北えびすプロデュース公演2022『リア王~KING LEAR~』 原作 ウィリアム シェイクスピア 新訳台本・演出 宮島春彦 在仙俳優たちが、シェイクスピアの最高傑作に挑む! ​リア王を渡部ギュウが、王の三人の娘を在仙俳優がダブルキャストで上演します。 リアは 80歳をこえ,国を3人の娘に分配する決意をする。 長女ゴネリルと次女リーガンは言葉巧みに父への愛を表明するが,末娘コーディリアは控え目に答えるだけである。怒ったリアは2人の姉娘に領土を与え,末娘を勘当する。 しかし姉娘たちはリアを虐待し,狂乱した彼は嵐の荒野をさまよう。 一方,フランス王と結婚したコーディリアはこれを知り,軍を起して父を救おうとするが,逆に捕えられて殺される。人間の権力への過信,忘恩,正気と狂気,仮象と真実などの問題が,主筋と副筋との緊密な交錯のなかで展開される壮大な物語。 <お断り> 差別的な用語や表現がありますが、作品の時代背景や原作者の意図を尊重し、そのまま上演いたします。 日程 2022年8月 3日 18:00- 4日 18:00- 5日 13:00-、18:00- 6日 13:00-、18:00- 7日 11:00-、16:00- ※受付開始は開演の60分前 ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約2時間55分 (休憩10分含む)を予定 会場 エル・パーク仙台 ギャラリーホール 料金 一般 前売4,000円 当日4,500円 学生 前売2,000円 当日2,500円 (当日受付にて要学生証提示) ※全席自由 ※未就学児童入場不可 出演 ※◇と◆はダブルキャスト リア王 古代ブリテンの国王  渡部ギュウ ゴネリル リアの長女  上島奈津子★ 熊谷由海◆ リーガン リアの次女  岩佐絵理★  永澤真美◆ コーディリア リアの三女  宿利左紀子★ 千葉里子◆ オルバニー公 長女ゴネリルの夫  野々下孝 コーンウォール公 次女リーガンの夫  山澤和幸 ノルマンディ公 三女コーディリアの夫  鈴木大典 グロスター伯爵 リアの家臣  戸石みつる エドガー グロスター伯爵の直系・長男  芝原弘 エドマンド グロスター伯爵の次男・妾の子  原西忠佑 ケント リアの重臣  飯沼由和 オズワルド 長女ゴネリルの執事  前田成貴 騎士  米山陸 使者・兵士  鈴木孝 侍女・貧民  橋浦 あやの 侍女・貧民  紅絹 侍女・貧民  小出天リ コロス 貧民・隊長・従者・使者・侍女の演者 神崎のん、 神孫子恵子、 綾子、 米倉千恵、 小澤皐、 土田美代子、 柴田こずえ、 竹中美智子、 佐藤京子、 野呂光江、 阿部豪毅、 山家廉、 飯坂菜々美、 亀井弘 スタッフ 総指揮 渡部ギュウ 翻訳・台本・演出 宮島春彦 劇中曲 ロジャー大葉 舞台監督 佐藤公(あやしげ商会) 舞台美術 松浦良樹 照明 松崎太郎(アトリエ・ミセイ) 音響 本儀拓(キーウィサウンドワークス) 小道具 高橋舞 衣装 及川恵 情宣デザイン 岩谷淳子(終日舎) 記録映像・配信 阿部丹吾(タンゴチャンネル) 宣伝写真 小田島万里 メイク指導 米田裕子 制作部 剛蔵、 千葉里子、 前田成貴 演出部 鈴木大典、 米山陸 受付 高橋菜穂子(オフィスおりん) 主催・企画 (一社)東北えびす 協力 KOMO BASE sendai 大人のための朗読・演劇クラブ ㈱石黒建築工房 赤井優也(mihaeru Flower&Art gallery) 新型コロナウィルス感染予防対策について ・入場・観覧時には必ずマスクの着用をお願いいたします。 ・国や自治体の感染症対策および新型コロナウィルス感染症拡大防止ガイドラインに沿った実施となるため、開催が中止、延期となる場合があります。 ・お客様へのお知らせは、(一社)東北えびすホームページに掲載します。ご購入やご来場の前などにご確認をお願いいたします。 ・​天災地変、主催者責任ならびに出演者の病気・事故等のため公演が実施不可能となった場合を除き、ご購入いただいたチケットのキャンセル・払い戻し等には応じかねますので、何卒ご了承下さい。 ・新型コロナウィルス感染拡大防止のため、ご来場当日に氏名・連絡先を【来場者カード】に記入いただき、終演後、受付に提出いただきます。ご協力の程宜しくお願いします。 お問い合わせ フォーム https://www.tohokuebisu.com/#comp-kskej5rm Eメール tohokuebisu[アットマーク]gmail[ドット]com Webサイト https://www.tohokuebisu.com/kinglear 記事のURL
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
大久保雅基音楽劇 『声のゆくえ Voice’s Whereabouts』
大久保雅基音楽劇 『声のゆくえ Voice’s Whereabouts』
8月 13 – 8月 14 終日
大久保雅基音楽劇  『声のゆくえ Voice's Whereabouts』
大久保雅基音楽劇 『声のゆくえ Voice’s Whereabouts』 ヴァイオリンに囲まれた客席。電気的に鳴らされたヴァイオリンによる音楽の上で、舞台にいる2人は声と言葉についての考察を行う。口から発せられる言葉は録音され、再生される音となり、文字となり、ヴァイオリンの音色となる。人物の言葉は声から言葉、そして音へと変容していき自己のアイデンティティを見失っていく。電子音楽と器楽が融合した音楽をベースに、言葉に関する哲学的論考を含む音楽劇。 日程 2022年8月 13日(土) 19:00- 14日(日) 19:00- ※開場は開演の30分前 ※上演時間は約60分を予定 ※別日程でオンライン上演有 会場 エル・パーク仙台 ギャラリーホール 料金 前売/当日一般 2,500円 出演 χ梨ライヒ(劇団16%/劇団鼠) 武田らこ(劇場R/クグリド) ヴァイオリン演奏(録音) 小山あずさ(仙台フィルハーモニー管弦楽団) スタッフ 舞台監督 樽野円香 音響 高野大夢 照明 鈴木真衣 写真撮影 佐藤陽友 映像撮影 相原洋 主催 絶頂 制作助成 公益財団法人仙台市市民文化事業団(2021年度) 後援 先端芸術音楽創作学会/日本電子音楽協会 チケット取り扱い プレイガイド Peatix https://voiceswhereabouts.peatix.com/ お問い合わせ WEBサイト http://zetcho-sendai.com Eメール info[アットマーク]zetcho-sendai.com 記事のURL
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31