劇団I’M20周年記念『詩劇 まな子と瞳』仙台公演

日時:
2016年4月23日 – 2016年4月24日 終日
2016-04-23T00:00:00+09:00
2016-04-25T00:00:00+09:00

劇団I’M20周年記念
『詩劇 まな子と瞳』仙台公演

未曾有の大震災が起きたあの早春の日を境に、風評に流され忘れ去られていく日々
全てが歪み、現実と幻想の狭間に彷徨う「まな子」と「瞳」
紡ぎ出される言葉の謎を追いかける「博士」と「助手」
それを阻止する「巨大な力と傀儡達」
「まな子」を取り巻く不可思議な人間模様が織り成す、この世成らざる「希望と再生」への物語
日程

2016年4月
23日(土) 14:00- 19:00-
24日(日) 14:00-
※開場は開演の30分前
※上演時間は2時間5分を予定

会場

宮城野区文化センター パトナシアター
※別日程で札幌公演あり

料金

一般 3,000円
高校生以下 2,000円
※未就学児入場不可
※小学生以上チケット必要

出演

佐々木 藍紗(札幌)
三浦 勇太(札幌)
小林 由佳(札幌)
中村 まい(徳島)
横山 昌範(札幌)
吉田 優(青森)
鈴木 将彦(岩手)
菅野 雅貴(岩手)
小野 静香(旭川)
堀川 千夏(札幌)
森 三恵(宮城)
吉田 和子(宮城)
久保田 琉奈(岩手)

以下東北福祉大学
工藤 有華
昆 卓宗
佐々木 啓丞
佐藤 慎吾
鈴木 奏美
高橋 和也
髙橋 杏子
田野入 寛典
早坂 瑠花
米 直樹
※出演者は変更する場合がございます。

スタッフ

脚本 澤田 亜沙子
脚色・演出・総合プロデュース 三木 弘和(みき こうわ)
クリエイティブディレクター 佐々木 藍紗、 三浦 勇太
音楽 kajon、 目黒 祥道
照明 大西 達也(プラスワンステージ株式会社)、 小崎 さざな
音響 戸村 匡志(トムラシステム有限会社)、 山田 芽里
映像 岡部 まゆみ
マネジメント 八重樫 利花
舞台監督 鵜飼 啓三(プラスワンステージ株式会社)
制作 一般社団法人地域舞台創造I’Ms ( http://ims-world.asia/ )

チケット取り扱い

仙台三越(022-221-4031)
お申込フォーム https://docs.google.com/forms/d/10eqHBzS7hIcRBQEweemY8SH5pTdCq5RbVNGQAefUY5M/viewform

Webサイト

http://www.theater-im.com/

記事のURL https://sencale.com/?p=7708

1604_manakoto_a

1604_manakoto_b

1604_manakoto_c


この投稿はが公開しました

本儀拓 について

宮城県仙台市で舞台音響、音響効果をやっています。 キーウィ サウンドワークス( http://kiwisoundworks.com )代表。 本を読んだりお茶を飲んだりお酒を飲んだりするのが好きです。