東北版“最強の一人芝居フェスティバル”『INDEPENDENT:SND24』

日時:
2024年7月4日 – 2024年7月7日 終日
2024-07-04T00:00:00+09:00
2024-07-08T00:00:00+09:00

東北版“最強の一人芝居フェスティバル”『INDEPENDENT:SND24』

毎年、大阪・インディペンデントシアターを拠点に開催を重ねている最強の一人芝居フェスティバル「INDEPENDENT」。2011年夏に行われたジャパンツアー仙台公演を経て、2012年から仙台でも東北の創り手を中心とした「INDEPENDENT:SND」を継続開催。
今年も応募作品から厳選された東北地域の5作品と昨年北海道地域版での高評価を経て本家大阪公演に招聘された1作品の計6作品が熱い競演を繰り広げます。ご期待ください!
日程

2024年7月
4日(木) 19:00- [ a d c ]
5日(金) 19:00- [ b f e ]
6日(土) 13:00- [ f e b ]、 15:30- [ d c a ]
7日(日)13:00- [ c a d ]、 15:30- [ e b f ]
※受付開始は各日初回は開演の45分前、開場は開演の30分前となります。
※1ステージは3作品連続で上演いたします。(途中に転換と換気はございます。)
※1作品の上演時間は約30分です。ステージごとに上演順が異なるのでご注意ください

上演作品

a 『PrimeNumber』 出演・脚本 白川櫻乃 演出 横山真(丸福ボンバーズ)

【Prime number/素数】1とその数自身でしか割り切れない自然数。
2023年11月29日某所で謎の人体実験が行われていた。
目的は人間が所有するクオリアを把握し、データ化するため。
最終試験に駒を進めた被験者No.16は1〜50の素数を見る事で潜在意識から生じるクオリアを引き出される。
「駒」であるNo.16は試験中に、長い歴史の中で人間が抗い続けた「何か」の正体を掴み、終止符を打とうとする…。

b 『あの日のメロディー』 出演 高梨元秀(ルーラル・アーティスツ) 脚本・演出 谷津智里(Bottoms)

その日、音は鳴っていた。
温かい時間が流れていた。
確かだったはずの手触りは、気づかないうちに少しずつ、頼りなくなる。
少年が留めたいと思ったものは、留められたのだろうか。
移ろいゆくかけがえのない時間を切り取る、12歳の一人芝居、第二弾。

c 『廻る』 出演 玉崎コウ 脚本 あおきみゆき(I-NyBL) 演出 芝原弘(黒色綺譚カナリア派 / コマイぬ)

とある男のその後のお話。
死後、永劫の暗闇に囚われていた男は突然一室に呼び出される。
そこは生まれ変わる為の更生プログラムが実施される部屋で、数々の「課題」が提示されていた。
苦戦しつつ課題をクリアし、プログラム終了の目前、一冊のノートにたどり着く。
男はその内容に酷く狼狽し敵意をあらわにするのだった。
正義は、悪は、それは真実か、
分ければそれは幸せと呼べるのか、
あなたの悪はどこにある?

d 『とつきとか』 出演 古玉稟果(演劇ユニットNAGI) 脚本・演出 藤﨑友心(演劇ユニットNAGI)

出生といえば、とても目出度く、愛でたいイベントだと思います。無垢な笑顔も泣き声も、全てが愛おしい赤ちゃん。誰もがその未来を祝福しています。他方で、僕達は生まれてからというもの、たくさんの悩みごとがありました。小さいものとか、大きいものとか、とか、とか、とか。最初から分かっていたら、もしかしたら「生まれたくない」なんて思っていたかもしれません。これは、まだ1人で悩みを抱えていたあの頃のお話です。

e 『マニア』 出演・脚本・演出 渡辺ナヲ

人は誰しも自分の人生を好きなように彩ることができる。そうして彩られた心の世界は”本”と称され、人々の心のページを埋める。しかし、時にそのページを塗りつぶしてしまう闇が現れる。人々の心を巣食う“影”の存在。
とある世界の中で、青年が“影”の存在に頭を悩ませる。青年は“本”を携え、今日も世界に問いかける。
-誰か僕に教えてください。影を目の前にした時、どうすればよいのでしょうか-

f 『みそやだ』 出演 岡田怜奈 脚本・演出 上田龍成(星くずロンリネス)

私は生まれた瞬間から運が悪い。
老舗味噌屋の一人っ子長女。親戚中から婿を探せと言われ続けている。
でも、好きになった子はみんな転校するし、デート前にコケて会えなくなるし。小さなことから大きなことまで、ずっと運が悪い。
「見たい番組をビデオに録画したのに野球中継が延長して撮れていなかった。」
あの頃よくあった些細な運の悪さ。
ただ、その時、偶然撮れていた落語が私の運命を変えるのだった。
札幌SPRから大阪に招聘された快作が仙台に上陸!
招聘作品 from名古屋
会場

せんだい演劇工房10-BOX box-1

料金

1日通し券(土曜1日or日曜1日で全6作品をご観劇頂けます。土日にまたがる観劇はできません。)
前売3,200円   当日3,600円

木金通し券(木曜と金曜の2日間で全6作品をご観劇頂けます。)
前売2,800円   当日3,200円

U22通し券(木金の2日or土曜1日or日曜1日のいずれかのパターンで全6作品をご観劇頂けます。22歳以下のお得な枚数限定チケットです。当日年齢の確認できる書類をお持ちください。)
前売2,200円   当日2,600円

スタッフ

舞台監督 相内唯史(at will)
照明 髙橋亜希
音響 本儀拓(キーウィサウンドワークス)
宣伝美術 T.A.(at will)
制作 安藤由希奈(A Ladybird Theater Company)
プロデューサー 相内唯史(INDEPENDENT)

予約

5/25チケット予約開始

WEB予約(カルテットオンライン)
https://www.quartet-online.net/ticket/snd24
※WEBサイトにて予約→当日会場受付にて精算。
※前売チケットの発券はなし。

メール予約
sndアットマークindependent-fesドットcom
(1)お名前
(2)ご来場日時=観劇ブロック
(3)チケット種類と枚数
(4)お電話番号
を送信。主催者からの返信をもって予約完了。精算は当日受付窓口にて。

お問合せ

INDEPENDENT
TEL 090-8532-2280
メール sndアットマークindependent-fesドットcom
WEB https://independent-fes.com/

主催・企画・製作

株式会社INDEPENDENT

協力

せんだい演劇工房10-BOX

Webサイト

https://independent-fes.com/

記事のURL https://sencale.com/?p=13040


この投稿はが公開しました

本儀拓 について

宮城県仙台市で舞台音響、音響効果をやっています。 キーウィ サウンドワークス( https://kiwisoundworks.com )代表。 本を読んだりお茶を飲んだりお酒を飲んだりするのが好きです。